雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 白山 中宮道

<<   作成日時 : 2017/09/30 07:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


白山へ行きたし。
でも、人混みは嫌。

前から温めていたのは、北部周回。
加賀禅定道は歩いているので、楽々新道から中宮道への周回を歩きたいと。

が、しかし・・・

問題は交通手段。
1日1本走っている瀬女〜中宮温泉へのコミュニティバスが使えるかな?と思ったが、なんと!
土日祝は運休。
さすが、コミュニティバス。
しかたないのだ。

よって、今回の土〜月の連休では周回はかなわず、いつもの別当から登ることにした。
別当へのバスとて、土日祝しか走ってないのだ。
おまけに、金沢への夜行バスも人気が高くて、いつも満席で気を許すと金沢までも行けない。
まことに公共交通機関利用登山者は苦労する。

とりあえず今回はめでたく登山バスに乗車できた。
画像


***室堂***

室堂ではいつもの・・・
画像


今回のトピックスは食事つきで小屋泊まりだったことかなw
初めての食堂(笑)
画像


夕食はがっついて食べちゃったので、写真無し。
小屋もいつもの白山荘ではなくて
画像


***日の出***

雲の隙間から・・・
画像


さて・・・
日の出を見てから少し悩んだことがある。
転法輪の窟へ行こうかどうしようか。
だいたいの見当はついているが、なんか日の出を見た方々が降りてくる中道をはずすのはちょっと気がひけた。
少し考えてやめることにした。
人のいない時にゆこう。

***大汝峰***

実は今まで登ったことがないのである。
今回初めて。

これも最近、信心深くなった(興味の問題)からとゆうことかもw

画像


ちゃんと参拝しました。

画像


大汝頂上から見る御前峰と翠池はそれは美しかったです。

画像


北を見ると、四塚山と七倉山の向こうに日本海が。

画像


広い山頂。

画像


雄大だ(喜)

***中宮道***

さて、今回のメインイベントは中宮道である。
日の出の頂上にはあんなに人がいたのに、その後お池巡りをした方とすれ違ったら、翠池が人だらけでゆっくりできなかったとか・・・

でも、中宮道への分岐はがら〜ん。

画像


ひとり前方から歩いてこられた男性
お花松原まで紅葉を見にゆこうかどうしようか迷って、上から様子を伺ったがやめて引きかえしてきたとか。
腰に熊スプレー!!!
北部を歩こうと思うときは持ってるとのこと。
ひゃ〜・・・熊こわい。

分岐からは一気に高度を下げる。
そういえば、ここは登ったことある!
ふくちゃんとかずみちゃんと、小白水登った時に。

思い出した!

ここだったのか・・・

画像


前方からおじさまがひとり。
やはりお花松原の紅葉の偵察で、引き返すところらしい。
写真を撮っていただく。

画像


ヒルバオ雪渓もこんなにちっこくなっている。

画像



紅葉はいま一歩のところだが、美しくて雄大な景色だ。

画像


P2349から見たお花松原。
少し色は浅いが素晴らしい景色。

画像


ガスが少し湧いてきて山が見えなくなった。

画像


先を急ごう。
実は、なんだか調子がいまいちで、歩くのが少ししんどい。
下りなのでまだよかったが。

1時間ほど歩くと、草原状の開けたところに出る。
ここが北弥陀ヶ原かな?
ここの紅葉が一番よかった。
池があってぽか〜んと開けていた。
大休止。

画像


正面には三方崩山。
その名の通り崩れている。

画像


画像


高度が下がって来て、だんだん木の背丈が高くなり、見通しが悪くなってくる。
地獄尾根の威容。

画像



画像


一生懸命歩いているのだけど、なかなか小屋に着かない。
やっと3分の2。

5時間くらいで下りなので、軽くみていたが、遠いなあ・・・

画像


とにかく黙々と下る。
写真も撮らずに。

画像


画像


画像


画像


まだ2キロある・・・(泣
一生懸命歩いてるんだけど。。。

画像


下草はきれいに刈られている。
地元Iガイドが道を整備してくださっているとネットの記録で読んだ。

やっと小屋に着いたと思ったら全く同時に白川郷からの北縦走路から上がって来られた二人組のパーティーと小屋前でバッタリ!
おお!小屋泊まりはひとりではないぞw

そして、中へ入るともうひとり単独の方が。

ひとりぽっちだと思っていたので、ちょっとテンション上がる(笑)

とりあえず日が暮れるまでに水を汲みにいかなきゃ。

画像


水場も近くてしゃーわせ。

***小屋泊まり***

前回の白山で反省したことがひとつ。
食事は自分が食べるだけなので、カレーのレトルトとか缶詰でええや・・・と不精をしていた。
ところが、自炊小屋に泊まった他の方から、焼き鳥をいただいたり、お好み焼きをいただいたり・・・
レトルトカレーの私は、いただくばかりで、なにも差し上げられなかった。

うむ。
ちょっと何か作って、単独でももっと食事を楽しくしよう・・・と思ったわけで。

きゅうり
シーチキン
茗荷
魚肉ソーセージ
甘長しし唐
かつおぶし

塩コショウ
そして、ちょっと重たいけどフライパンを持ってった。

きゅうりとシーチキンと茗荷でサラダ風に。
甘長しし唐とソーセージを炒めた。

ちょっとづつ持って行ったのだけど、結構たくさんできたので、単独の方にもおすそわけ。
まあ、味付けはいまいちだったが、喜んで食べてくださった。

やっぱり食事大事。

ここの小屋では爆睡できて、初日と2日目の調子がいまいちだったのがほとんど解消。
よく食べ、よく寝た〜

***中宮温泉へ***

画像


画像



モルゲンロートに染まる北アルプスを樹間から見ながら出発。
今日は13時15分のバスに乗らなければ家に帰れない。
そして、できれば、以前から噂を聞いていた「中宮温泉くろゆり荘」のお風呂に入って、館主Iさんに道の整備のお礼も言いたい。
もうひとつ、時間が許せばランチ食べたいwww

とゆうわけで、一生懸命下った(笑)

朝日に染まる白山北部。

画像


大きな木。

画像


火の御子峰とゆう個性的な名前の山。
その名の通り赤い山肌あらわな山。

画像


丁寧に整備された道にこの山への愛情を感じる。

画像


やがてシナノキ平の避難小屋。

画像


手前に大きな木が。
ブナでもミズナラでもない・・・シナノキかな?

画像


どんどんくだる。
この日デジカメのカードの容量がいっぱいになって、画像を消して撮ったつもりの写真が、全く保存されておらず・・・スマホの写真しかない。

画像


画像


11時15分。
中宮温泉着。
登山口の写真をデジカメで撮ったつもりだったのだけど、保存出来ておらず。

そして、念願のくろゆし荘へ。

画像


残念ながら館主Iガイドはお留守だったが、
ランチと温泉にめでたくありついた。

温泉で炊いたご飯と温泉の糀を使ったオムライスとお味噌汁。
もっちりして美味しい。

画像


中宮温泉の温泉は飲める。
すこし塩味のうまみ成分のあるお湯だ。
そしてすこしぬめりがある。
美味しかった。

さて、平日1本しか走ってないこのコミュバスで帰ろうか。

画像


大峯以来の人の少ない登山道の長い山旅は楽しかった。
ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あめやん、10月の予定をメールしてくれよ。
魚屋
2017/10/04 00:49
ほ〜い。肩なおった?
あめ
2017/10/04 01:18
あ〜こんなところも歩きたいなぁ〜
imao
2017/10/05 17:49
おすすめです。
麓のくろゆり荘に奥方と行ってみたらよいと思うよ。
温泉が絶品だった。
紅葉もよさそうだったし。(すごい岩壁だった)
山は避難小屋泊まらないといけないから、室堂に泊まるほうがええとは思うけど、縦走路は北がええよ。
あめ
2017/10/05 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
白山 中宮道 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる