テーマ:山旅

早春賦

春は名のみの 風の寒さや 谷のうぐいす 歌は思えど 時にあらずと 声もたてず 時にあらずと 声もたてず 氷融け去り 葦(あし)はつのぐむ さては時ぞと 思うあやにく 今日も昨日も 雪の空 今日も昨日も 雪の空 春と聞かねば 知らでありしを 聞けばせかるる 胸の思いを いかにせよと この頃か いかにせよと こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岩岩岩

夫婦岩 交野山の古代磐座 偶然通りかかった磐船神社 岩窟巡りはひとりではできないので予約すると神社の方が案内してくださるそうだ。 そして星田園地 生駒まで届かず。 やろうとしているのは生駒山地縦走(二上山まで) しかし、河内の国がこんなに岩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

堂満岳

思っていたよりも雪があって 思っていたよりも、雪がグサグサで悪く 思っていたよりもハードなハイキングになって 楽しかったwww 御殿山からの武奈ヶ岳への行列に身をゆだねなくてよかった。 けど、雪山は一人は不安だなw 大穴に落ちたらおしまい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

還来神社から比叡へ

以前から比良と比叡の間の道がどうつながっているのか、とても気になっていて、どうやら還来神社のあたりで縦断しているっぽいと当たりを付けていた。 しかし公共機関利用では、なかなかここら辺を探索できず・・・ 一度サカナヤ氏に比良の帰りに還来神社へ寄ってもらった。 いや、なかなか立派な神社であった。 暑い信仰に守られているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夕日に輝くオレンジ色の宝石!

毎回毎回の不作に 今回もあまり期待しておらず・・・ それでも植林帯を避けて 自然林のひろがる尾根コースを自然と選んだのは 少しは期待していたのか。 いい天気だ。 紅葉も美しく。 ああ、山をぶらぶら 楽しい。 太陽が少し傾いてきた。 いつもなら空を見上げ、木を見渡すと、そこにあるはずの森の王者。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

比良徘徊

夜中にお腹がグルグルゆうて目が覚めた。 なんか調子悪い。 その後、何度かトイレに起きる。 むう・・・ よっぽど「やめる」とさかなや氏に連絡しようかと思ったが、 前回だっていつもだって、どんない調子が悪くても(天気が台風でも) 集合場所へは集合するのが我が友。 とゆうわけで、集合場所でさかなや氏にピックアップして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シコブチ神社その3

とうとう6つ目の七シコブチの日がやってきた。 といっても、別段いつものキャンプいつもの場所と変わりは無いわけで。 6つ目のシコブチさんは久多にあった。 いつもドラや天狗岳に登る時、二俣に分かれた道のその分かれ目にある大きな神社。 いつも目にしていた、シコブチさんであった。 さて、登山口までは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

KOAYUハイク

自分ひとりでは釣れないんで 食べるだけ食べてきました。 大好きな小鮎の天ぷら 甘露煮もさかなや氏の作ってくれたものには劣るけど いつも真っ黒な覆面してハイキングする友Mと 花折峠から 権現 ホッケ 小女郎池 大きく空に開けた草原を経て 蓬莱 と歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザのダブルヘッダーか?!

せっかくの楽しい小屋での宴会に、会社であまりに腹が立ったお怒りモードを持ち込んでしまっ、後悔した先週。 かけがえのない友達に、しょーもない会社の怒りをぶつけて愚痴ってどうする・・・ 時間の無駄じゃ。 無駄じゃ無駄じゃ。 まあ、それでも、まだ怒りは収まるところを知らず、「会社を辞める決心」とゆうところで、やっと心に折り合い…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

一人旅

3日、甘南備山 4日、天上ヶ岳 7日、金剛山 こころのおもむくままに。 あ、明日は・・・(笑) なんで子供くらいの友達が2人もいて、一緒に山へ行こうとしてくれるのかが不思議だけど、それもまたこころのおもむくままに。 若き2人の未来に祝福あれ。 ちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一等三角点石堂ヶ岡

大阪に4つしかない一等三角点のひとつ。 前々から行きたいとおもっていたのだが、 山の中にあって行きにくいのに、一等三角点のある場所は、山の中のゴルフ場の中。 むう・・・ 敷居が高い。 とゆうわけで、今日やっと行くことができました。 茨木カンツリー倶楽部 クラブハウスで「一等三角点を見たい」とお願…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御朱印帳2つ

天気に恵まれない今年の秋。 そんな土曜日。 突然思いたってでかけた東寺。 きっかけはこの御朱印帳が欲しかったから。 仏様の教えは煩悩を捨てなさいってことなのに、「欲しい」とゆう欲望に突き動かされてお寺参りしてよいのだろうか・・・ しかも、この御朱印帳をいただくにあたって、なかなか紆余曲折があった。 秋期ラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

吉野山の旅①(金峯神社~水分神社)

さて、涼しくなってきたので、紀伊半島横断を続けたいと思って、1日だけ休みの時はこれに充てよう・・・と考えている。 てくてく旅プランでは、横断して伊勢にたどり着き、伊勢神宮に参拝したら、それから、瀧原宮へ参拝したいな・・・とか。 まず、伊勢であるw となんか、自分の中で勝手に考えていて、とにかく五條から先を歩かなきゃ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉寺白山神社

お盆にどこか行くのかと思って休みを入れていたが、テンションあがらないらしく、どこのプランも無し。 ぽっかり休みが空いたので、ずっとずっと気になっている平泉寺へ出かけることにした。 最初考えた時には、平泉寺白山神社とその途中にある永平寺も参拝して、で、泰澄禅師が開山したと伝えられる文殊山にも登って・・・思っていたが・・・ 白…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

利尻へ

今年も行くかどうか・・・ 遠いだけに相当考えたが、 とにかく、飛行機を押さえておかないと、直前に行きたくなったとしても膨大なお金がかかる。 とゆうわけで、飛行機は4月に予約をして、キャンセルも変更もできない格安チケットだ。 とにかく、行こう。 港へ。 とゆうわけで、今年も利尻へ海の日の見送りをしに行ってきました。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

近江富士

友Hが、琵琶湖でウインドサーフィンしていた時によく目印にしていた近江富士へ行ってみたいとゆう。 麓の御上神社にも。 私はこの山が大好きで、もう何度も登っているけど、友Hの要請ならまだまだ登る(笑) とゆうわけで、急遽、近江富士登山と御上神社参拝が決定した。 まずは麓の御上神社に参拝。 国宝の本殿。 檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこいち その7 紀見峠~五條へ お神酒の旅

今回の山旅には、名のあるピークがありません。 ひたすら五條目指して歩くのみ。 そして、その向こうにある、高見山。 そして、そのまた向こうにある伊勢神宮。 (ほんとはただ単に、紀伊半島を横断したかっただけです) ピークが無いと目標がない。 それでば歩く気がしないので、 今回の目標は・・・ 玉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よこいち その6 岩湧山

ええ歳してモノを知らないって結構恥ずかしい。 でも、恥ずかしい思いをして、コトを正すのも大事かな。 知らないままよりはいい。 何がって・・・ 熊野本宮で初めてご朱印帳をいただいたので、槙尾山でご朱印をいただいたのはええんだけど、志納金をお渡しすることを知らず、軽く手を合わせて、そのまま岩湧山へ行ってしまいました・・・。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥駈ファイナル⑥大斎原

去年、奥駈を歩こうと思って、かなり緊張して計画を立てた時の最後の目標は 「熊野川をわたって大斎原へ」 だった。 今年も同じ。 でも、歩く日程が短いので、去年ほどの緊張感は無い。 それが、少し残念でもある。 できることなら、ここは吉野から歩きたいものだ・・・(女子は無理だけど) さて、備崎へ降りると、修験者さんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奧駈ファイナル⑤五大尊~備崎

朝はまず参拝からはじまる。 神社があれば、お参りするのだ。 早朝から、参拝しておられる方が何名か。 参拝を済ませたら、奥駈へ復帰w 玉置辻を過ぎ 水呑み金剛の分岐 昨夕、修験者さんは途中で荷物を置いて行場へ向かうので、先に歩いていたら、荷物を見かけるかも・・・と仰ってた。 ここのことだと思っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奧駈ファイナル④玉置山

地蔵を越えると道はおだやかに。 最初の予定では、21世紀の森まで水を汲みに降りて、展望台の下にツェルトを張ろうと思っていた。 もし雨が降ってもしのげるし、ポールがいらないし。 が、出発前に修験者さんとお話しして、このことを言うと、21世紀の森まで降りるのは結構大変だし、展望台よりも、玉置山の駐車場の方が安全ですよ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥駈ファイナル③笠捨~地蔵

さかなや氏と笠捨谷を登った時、このブナには出会った。 腰かけさせてもらったね。 ひさしぶり~ もう7年も前か・・・ まだ腰を痛める前の一番調子のええ時だったなあ・・・ ああ、笠捨山は遠い。 この時期の大峰の美しさはほんとに言葉にできない。 新緑の中にシャクナゲの濃いピンク、アカヤシオの薄いピンク、山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

奥駈ファイナル②行仙小屋

去年も小屋は空っぽだったが、今年も小屋は空っぽだ。 16時過ぎ。 誰も来ないし。 今日もまたひとりぽっちかな。 ごはんでも作るか・・・と。 小屋の水は「使わないでください」と貼り紙してある。 私は自分の分は3リットル持ち上げてきてはいるが。 なぜかたばこの吸い殻が灰皿ふたつに満杯。 ちょっと変。 山びこの方…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奧駈ファイナル①マムシ・ヒル・ダニ・そして道まよい

昨年GWの翌週の奥駈があまりにも美しすぎて、今年も歩くならこの時期と決めていた。 コースは、たとえば、八経からまた歩く、前鬼から入って熊野まで、気になっている奥八人山をからめて熊野まで、または順峯・・・ とかいろいろ思っていたのだが、この前のブログに書いたように、足の調子はそんなにいいわけではなく、おまけに「骨折」跡が発見される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃村茨川

君ヶ畑へ到達した時から、ずっと気になっていた、山またその奥にある廃村茨川へとうとう行くことができた。 電車を乗り継ぎ、バスを乗り継ぎ、途中バス停でバス3時間待ちとかありーの。 バスを3時間待ってる間に永源寺とこんにゃくとそばを。 で、朝家を出て、茨川に着いたのは夕暮れ時であった。 廃村とゆうと …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

よこいち その5 槇尾山~犬鳴山

今週は何となくレストな予定。 だが、天気がとてもよくて、体調もよい。 1泊でどこか・・・とも思ったが、ま、節約のために近場で。 そんな時にcdさんから小屋の東屋作成のお誘いが。 そだな。 ハイキングは1日でええし。 小屋のお手伝いできる時はしておこうと。 とゆうわけで、土曜は小屋へ。 日本の建築ってのはこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこいち その4 山中渓~犬鳴山

先週、山中渓から雲山峰を周回してから、左足の指の付け根がいつも小石の上にのっているような違和感と痛みで具合が悪い。もしかして、疲労骨折とも思ったり・・・とにかく、あまりに具合が悪いので、整形にいくことにする。 腰の先生は「僕は肩がほんとは専門」とゆうので、足専門の違う先生のところへ。 3時間待ちの末、診ていただいたが、よい先生だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこいちその3

山中渓から雲山峰を周回して先週30分時間が足りなくてやり残したところを歩く。 まあ、ハイキング道は楽しいとか面白いとか、そんなに感動があるわけではないが、 この景色 と、 集落に降りてから畑しごとのおじさんにいただいた は、とても嬉しかった! 里山は地元民と語り合うのが楽しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御船の滝と井光

於是亦、高木大神之命以覺白之「天神御子、自此於奧方莫使入幸。荒神甚多。今、自天遣八咫烏、故其八咫烏引道、從其立後應幸行。」故隨其教覺、從其八咫烏之後幸行者、到吉野河之河尻時、作筌有取魚人。爾天神御子、問「汝者誰也。」答曰「僕者國神、名謂贄持之子。」此者阿陀之鵜飼之祖。從其地幸行者、生尾人、自井出來、其井有光。爾問「汝誰也。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more