テーマ:沢登り

お神酒奉納 八淵の八徳

奉納! そして、キャンプメニューは乾燥野菜 新たな試み、燻製。 これは、燻製段ボールごと燃えてしまったが(笑) かろうじて、中身は救出。 サバとソーセージは美味しかったような(あんま覚えてない) できあがった料理の写真が無いのは、酔っぱらって、写真撮るって意識が飛んでしまったからで…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台風とダッチオーブンと3000円テント

さて、9月第1週。 土日休みですが、暇です。 暇な人いませんか~と声をかけると魚屋氏反応。 とゆうわけで、場所は比良と決まりました。 台風の影響で悪天候が予想される週末。 今年3度目の沢ですが、3度とも雨??? 体調が復活するとともに雨女も復活の様相です。 さてといつものごとく京都駅で待ち合わせて比良へ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

渓から奥駈の旅、第2弾、池郷本谷遡行からの奥駈

不思議なことに、沢登ったら沢下るが定説であった魚屋氏のプランが、最近沢登ったあとに長距離縦走がひっついている。 あんなに縦走嫌がってたのに(笑) 第1弾は下多古遡行して奥駈の五番関~吉野(CT5時間) そして、今回第2弾は池郷本谷遡行して、奥駈の天狗岳~持経小屋(CT5時間+1時間林道歩き) 沢から登ろう奥駈シリーズ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

下多古川本流から奥駈を吉野へ

魚屋氏から計画書らしきものが送られてきた。 車をデポデポで下多古川本流~吉野へ抜ける計画だ。 今回、いつもと違ったことは 事前に役割分担されたこと 4人なので 1.テント班 2.食事班 3.アルコール班 4.装備(ロープ&ガチャ)班 かつてない、新しい試みである(笑) 私は、今回いつもなら食事を担当し…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大杉谷不動谷

いつぶりだろう・・・ 谷の懐へ入るのは。 腰を痛めてからとゆうもの、荷物背負えず、バランス悪く、自分に自信がなく まったく「行こう!」とゆう前向な気持ちになれず それでも「行きたい!」とゆう気持ちはくすぶっており それなりに大きく長いルートへ入る(決して難しくなくても)には、 時間をかけて段階を踏まねばならない …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

亀の甲谷で修行

左俣と亀の甲谷の出合 前日、ドキドキ緊張して眠れず お腹の調子もわるく ああ・・・ ほんと、歩けるかな・・・と不安。 けど、先週より短いし(距離は) かなり上流やし 堰堤の上から入る 2人は余裕 やっと亀の甲谷の入り口なのだが・・・ 釜を泳がねばとりつけず・…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

耳川支流折戸川 湯ノ花谷

癒しの沢 去年1年、全く沢靴をはくことなく終わってしまい、 なんとなく、とっつきにくくなった沢を なんとか復活させようと。 cdさんが簡単な沢へゆく計画だとのことで 便乗させていただいた。 緑美しく 流は清く のんびり 癒された cdさん、ありが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

比良 荒谷

9月のあたしの5連休を、まったく無意味なものにしてくれた台風16号は ここ比良でも大暴れしていたらしく 車でとおり抜ける鯖街道のあちこちで山抜けが見られ そしてなにより 安曇川の姿がまったく別物になっていた。 釣をする魚屋氏とイマオさんは 「ひどいなあ・・・土砂ごと岩もなんももっていかれてるなあ・・・。魚が釣れるよう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シーズンイン

寒い 寒い ゆうてごめん。 めっちゃ楽しかった! 足はあがらず、すぐによれよれ それでも キラキラ流れと輝く新緑に助けられ 登ることができた。 登りきった源頭には、 小女郎池が穏やかなたたずまいであり 稜線…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

へろへろ

沢の入口についたら、そこは堰堤のバックウォーターだった。 堰堤を越えるのも、堰堤の向こう側の斜面も難しく。 かといって上流から水線沿いに回り込むのも難しそう。 最初から、なんやこれ! である。 偵察に行った仲間の代替案は尾根をルンゼを使って乗り越して、向こう側にある遡行予定の川の上流に下りる・・・であった。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鈴鹿 宮妻峡・かずら谷遡行~鎌ケ岳~内部川・北中ノ谷~中ノ谷下降

土曜の天気予報はまたもや雨。 しかし、日曜はどうみても高気圧がすっぽり日本列島を覆う。 前の週の2年ぶりの沢でいくぶんくたびれていたが、気分は沢モード。 ところがボスに打診したところ仕事で行けないと・・・ショボン 魚屋さんにも連絡してみるが、比良なら・・・と。比良はまだ雪。。。 このヨタヨタ歩きで雪の沢はきつ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

2年ぶりに沢登り

2年ぶりに沢登りへ行ってきた。 前日は神戸でも雪が降り、なんとなく行きたい気持ちと家でぬくぬくしていたい気持ちが交錯する気温であったが、天気は日本列島高気圧に覆われ快晴なもよう。 結果、行ってよかった! ポカポカ陽気に渓流はキラキラ まあ、つららや・・・ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

愛知川支流藤川谷

腰の具合はあんまりよくないけど 登れない悔しさがそろそろ限界。 そんなところへ、またまたタイミングよく魚屋さんからメール。 「16日(土)ダッチオーブンパーティーしませんか?その前に藤川谷登ります。」 魚屋さんとの約束は、いつも急。 だけど、なぜかたいがい都合が合う。 今回はダッチオーブンがあったので…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

揖斐川支流シタ谷

谷では誰にも出会わなかった。 冠山は思い入れの強い山である。 その個性的な形といい 簡単にアプローチできない地形といい 奥美濃のそのまた奥にあって、 凛と屹立する岩峰 岐阜の揖斐川と福井の九頭竜川の支流足羽川の分水嶺でもある。 そして、その稜線に連なる山々。 いつかは行ってみたい・・・と思…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

リベンジ!ソーレ谷

せっかく楽しみにしていたのに、junさん、なりさん、DiDiちゃん、みっちゃんと一緒に登れなかったソーレ谷。 宴会は最高に楽しくって、ほんと沢に登れなかったにしては、充実感一杯の8月最終であった。 水曜日の朝、どうちゃんからメール 「今度の日曜、ソーレ谷行きませんか?ヨメはんも一緒です。」と。 あ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

深き谷

久しぶりに大台ガ原のドライブウエイを走った。 以前、毎週のように大台大峰に出かけていたので、毎週行く温泉の支配人に顔を覚えられていたほど。 あれから10年ほど経つ・・・ 大台ガ原山といっても、大きな台地状で、山はのっぺりしていてピークもいまいちわかりにくい。 駐車場から最高峰の日の出岳までは、登り1時間ほど。 ハイキン…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

どばどば

3連休といっても、アタシは月曜仕事なので、普通の週末です。 梅雨が明けたといっても、2日ほど前には、各地で河川が氾濫するほどの大雨だったので、沢登りってどうよ???って感じです。 それでも、今まで雨や仕事で登れなかった鬱憤が溜まりに溜まっています。 けど・・・・・・ やっぱ ドバドバでした。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

源平谷

今年は雪が多い。 白山の谷はもちろん夏以降でないと雪渓の処理&浮き岩が怖いので入づらいけど、どうやらその他の標高の低い北陸の谷にも雪が残っていそうだ。 週初めに天気予報では雨だった日曜日が、木曜には降水確率10%に。 「今週はお休みね」とゆうてたBossからメール入り。 「行きます」とな。 最初は行かないつもりだったの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

沢はじめ

ミステリーツアーの時に「沢靴ない」「連休予定立たない」とゆうてた魚屋さんから急遽メール入り。 「笠捨谷どうですか?調べておくように。」 「3時半(もちろんAM)迎えに行きます。」 「沢靴、山道具店2件もまわって探して見つけた。」 へ? そんな・・・ いきなりゆわれても・・・ 地形図無いし・・・ と…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

沢・・・しめますかねえ・・・

1.鈴鹿 元越谷 2.倉ノ又谷(滝登りのみ) 3.明王谷~奥の深谷 4.鈴鹿 谷尻谷 5.鈴鹿 神崎川 6.台高 大和谷ロクロ谷 7,北ア 赤木沢 8,明谷川 9.直海谷本流 10.白山 蛇谷小親(コヤ)谷 11.由良川 滝谷~一ボケ~大谷 遡下降合わせると、12本かな。 お山の学校に土日の休みをほとんど費や…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

・・・・・シャワー

本日一番のお気に入り写真なり!!! 美し麗し日本の秋 先週、寒波のため沢に行きそびれたK先輩と沢へ アタシは南紀希望やったが、もうひとりのメンバーHさんが来れないので、近い方へとゆうことで・・・ 3日に30センチ雪が積もった、若丹国境三国岳へ。 滝谷登る 滝谷とゆうだけあって連漠帯があった。 次回は登ろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日曜日ミステリーツアー

土曜の3時には岩登りを終えて、はうさんと待ち合わせしている米原駅に急ぐ。 日曜はyamanecoの沢。 だけど・・・・ 行き先がいまだに未定。 「どこいくねん・・・」 はうさんと、いったいどこ行くんだろうと言いながら、BOSS亭へ。 夜、いろいろカマをかけて見るが、BOSS行き先の口を割らない。 ヒント「出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

滝・滝・滝

仕事でなかなか連休の取れないボスが「無理矢理連休にしました。」とこの土日。 お山の学校があったが、ボスの連休は1シーズンに一度あるかないか・・・なので、少々心苦しいが、yamanecoの沢を優先することに。 (このブログをご覧になっている学校関係者の方々、勝手してすみません) 行き先は直海谷本流左又。 以前、この流域の支…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

探検と宴会

世の中、5連休。 でも、アタシの休みは土日のみ。 そんな土曜日、仲間の新築の家訪問を兼ねて、宴会と沢登り(?)に行くことに。 沢といっても、なにやら湿原を目指すらしい。 しかもネットにほとんどその記録のないところ。 たのしみ~ さて、土曜日、7時集合なので、夜中に家を出発。 高速の反対車線は、連休初日とあって、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リベンジ!黒部源流・赤木沢

去年の赤木沢は、雨・雷・ガスと三拍子そろった悪天候だった。 救いは、遡行中はなんとか天気がもったこと。 でも、夢のような源頭のお花畑は夢と消えた。 今年、なっちゃんから「行きませんか~」と誘われたとき、「行く!」と返事としたのは、夢のようなお花畑を見たかったからである。 なのに・・・・ 出発の日。 北陸自…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

大和谷ロクロ谷の核心部は下りなのよ~

その声はこう聞こえた。 「大丈夫。何回も降りてるから問題ない。」 *****池木屋山から東尾根***** 池木屋山山頂は、ガスのため展望無く、カップラーメンの昼食の湯を沸かそうとした魚ヤさんは、鍋を忘れて湯が調達できず。 「ゆっくりご飯食べてる暇はないで」的な暗示か。 3時になろうとしているので、早々に下り…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

台高宮川水系大和谷支流ロクロ谷(2日目:遡行編)

ロクロの大滝 低かったテンションのすべてを吹き飛ばす美しさ・・・ *****出発***** さて、朝がきました。 確か天気予報では晴れやったはずなのに、少し雲が多いです。 相変わらずやる気のないアタシ。 ノソノソ沢の服に着替えてノソノソ靴はいて・・・ ちょっとお腹の調子が悪く、結構つらい。 ますます・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

銚子川水系光谷転じて台高宮川水系大和谷支流ロクロ谷(1日目)

*****プロローグ***** 「光谷」・・・エエ名前や! 「100m滝」・・・フリーで直登できる! しかも遠いので、車でないと行けない。 そんなとこへ、魚ヤさんが「14~15日の2日間で、行きませんか?」ゆうて誘ってくれた。 実は、お盆は仕事するつもりやったので、休みは16日のみのつもりだった。 でも、そんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そしてまた雨の神崎川本流

こんなんやら・・・ げげげ・・・ 行けるのか・・・私。 photo by はう こんなんやら・・・ スイミングキャップにゴーグルで完全防備のくぼちゃん こんなんやら・・・ 雨が土砂降りになってきたので、しばし河原でお遊び。 完全水没するウォータースライダー・・・ photo by はう こんな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お持ちかえり・・・

ああ~~っ!!!!!!ヒルっヒルっ なんと2匹も持って帰ってました。 でも、今日一緒に登ってくれた魚ヤ氏は、先週、洗濯機をヒルまみれにして、ヨメちゃんに激怒されたそうです。 そりゃ、そやわなあ・・・ アタシは自分で持ち帰っても、死にそうなくらい気持ち悪いのに。 それに、ヨメちゃん、たしか虫大嫌いやったはず・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more