テーマ:

戌年なので

日月火と三連休 なのに・・なのに・・・月曜の本日、前線を伴った南岸低気圧が通過確定。 真ん中が雨嵐では動きとれない・・・。 しょんぼりです。 さて、いつものごとくどこ行こう・・・となったわけだけど、どうやら日帰りで行ける近郊雪山の高見山とか三峰とかは雪が融けちゃってるみたいだし。 金剛は先日登ったし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大峯

山上ヶ岳、稲村ヶ岳、バリゴヤの頭 弥山、頂仙・・・ 観音峰からの展望でした。 悪天予報のわりには天気よかったな。 ラッキー このあと、二回り以上年齢の違う山友達二人と鍋。 山はいい。 山を登っていなかったら、こんなに年齢の離れた友達はいなかったと思う。 到底、私は人生において、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の神様

12月も後半突入の17日のこと。 5月に来て以来の玉置神社は雪がふっている。 一等三角点も雪の中 今日、目指すはあのピーク。 その名も「宝冠の森」 春に奥駈の計画を立てた時には全く念頭になかった。 その時は「縦走する」と思っていたからだと思う。 奥駈から帰ってきたあと、七十五靡の本な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白山 中宮道

白山へ行きたし。 でも、人混みは嫌。 前から温めていたのは、北部周回。 加賀禅定道は歩いているので、楽々新道から中宮道への周回を歩きたいと。 が、しかし・・・ 問題は交通手段。 1日1本走っている瀬女~中宮温泉へのコミュニティバスが使えるかな?と思ったが、なんと! 土日祝は運休。 さすが、コミュニティ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

伊吹山

今日もなんだか寝坊した感じだった。 家でのんびりするか・・・と思ったが、なんだかすごく涼しくて、これなら伊吹山登れるんじゃ??? とまたまた突然思いつく。 6時半の電車に乗らねば間に合わないので、朝ごはんは抜き、とりあえずアクエリアス1本と雨具と、前にセットしたままだったお風呂セットと・・・なぜかご朱印帳と・・・ バタバ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白山禅定道トレース

開山1300年の白山。 2012年に石徹白から美濃禅定道を歩いて、御前峰へ。 そして加賀禅定道を下ってハライ谷登山口から白山一里野に降りている。 残すは越前禅定道だ。 本来、越前禅定道は平泉寺からなのだけど、途中廃道になっている部分があって、私のソロ力では行けるかどうか・・・ とりあえず、1300年の夜明けを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンドラでびゅ~ん!ズルプチ比良縦走

母なる湖琵琶湖 久しぶりに比良を歩きに行きました。 えへへ。 ズルしました。 汗をかかず、稜線の気持ちよい歩きだけを堪能しようとゆうプランです。 びわ湖バレイには新しく「びわ湖テラス」とゆう展望所ができていて、どうやらレストランとか大人気なようです。 毎回ほぼ満員なゴンドラがどんどん上がってきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六甲の春

JRの車窓から、桜が山肌に白くぽつっぽつっと浮かび上がってくると、いよいよ六甲の花の季節。 この時期桜も綺麗だけど、なんといっても私の故郷の山の花はコバノミツバツツジ。 新緑の中の目の覚めるような赤紫の花が私の春の花。 荒地山のいつものコースを登る。 下りは岡本へ。 保久良神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よこいち計画その2

今週は、天気図からなにから、素晴らしい好天の予報であった。 特に日曜日。 が、相変わらず、私のモチベーションがあがらず、どうしても雪山の装備を用意して、交通手段を調べて、食料の段取りして、出かける・・・とゆう一連のことがめんどくさくてできない。 できれば、金曜の夜は日本酒とおいしいおつまみでまったり、土曜の朝はゆっくり寝て、朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海を見に行く

せっかくの好天の週末。 すわ、雨乞いソロ!とか意気込んでいたが、なんと金曜の夜中に腰が痛くて目覚めてあいたたた・・・ よって、土曜はレスト。 1日休んだら、ちょっと調子が戻ったようだが、伊吹をゾロゾロ歩く気にもなれないし、霊仙のドロドロで靴を汚す気もないし。 と、ゆうわけで、和歌山の先っちょ、四国山と高森山へ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小屋宴会

いつも、めっちゃ楽しみにしている。 小屋は同じ場所にあり、いつも同じメンバーで。 いつも同じなのだけど、いつも新鮮で面白い。 なんとゆうか・・・ 季節が巡ってくるみたいに・・・ いつも同じでいつも違う。 今年は、大雪。 夏なら15分の小屋まで2時間かかった。 以前秋に歩いた時に2時間と少しかかったので、 3…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひよる

2月15日。 降雪後の晴れ間。 平日だが休みを取った。 できれば伊吹登りたいと思って。 が、雪崩れが怖い。 天気も思ったほど晴れない気もする。 そんなこんなで、いまいち踏ん切りつかず、結局六甲のハイキングになってしまった。 ああ・・・ これだからな。 私はいまいち煮え切らないのだ。 何事も。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿山すら届かず・・・(武奈敗退)

給料も安くなったことだし、休みくらい自由に取ったれと思って、大雪後快晴予定の26日、休暇の願いを出した。 もちろん、誰も何も言わない。 とゆうわけで、伊吹か武奈か迷うところだが、ここは大好きな武奈へ。 しかし、大きな失敗をひとつ。 いつもの堅田発のバスに乗って、ワクワクしながら坊村に到着。 バスの運転手さんに「帰りのバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか頂上へ行けない雪の霊仙山

雨の雪山のトレコースは3つ。 伊吹、武奈、そして霊仙。 霊仙が中でもまだ地形も雪も読めなくて、もっと知りたい山。 そんなわけで、21日は霊仙へ行ってきました。 ほんとは21日~23日3連休なんで、天気が良ければ、テント背負って比良縦走とかもありかなーと思ってたんだけど、土曜日も日曜日も月曜も荒れ模様っぽい。 いつ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シンコボ

新年初のサカナヤプラン。 「シンコボ」ってそれどこやねん? 雪がどこにもありそうになくて、北山でも最も若狭に近いとこに行先は決定する。 久しぶりに一緒に登るイマオさんも一緒だ。 ワカンを持っていったけど、雪は踵ほどもなく、沈むこともなく・・・ 静かで清々しい楽しい雪歩きだった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またのぞき!

正月早々、妹の家へ行って、ものすごく気分悪い思いをしたので、浄めの意味でも清々しいところへ行きたいと思って、天の橋立へ行ってきた。 急に思いついたにしては、ホテルもなかなか良くて、温泉三昧もできて、天の橋立を歩くこともできたし、満足満足! 思うに朗らかに暮らすのは本人の努力だと思う。 日々を大切に。 あ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょんぼりクリスマス&山城マニア様

沢くつOK! 寒いのでボロ雨具きて登ろう。 シュリンゲはいつものごとく、下降核心だろうから、捨てなわにできるように少し多めに。 もしかしたら、ビバーグになるかもだから、レスキューシートも。 地形図はもちろんある! 水線引いた。 スマホの電池の充電ばっちり。 OKOKOK! さて、今日は掃除でもして・・・ と…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

対決

なにかと不発であったが、この谷の記録を調べていてわかったことがあった。 それは、10月のきのこキャンプの折、山で出会った植物学者さんが「F」とゆう方であること。 そして、刑部谷を植物調査しながら軽々と遡行していること。 F氏とゆうとふなきさんとややこしいので、この方はFS氏とゆうことにしよう。 FS氏と魚屋氏の会…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

きのこ・きのこ・きのこ・・・かぼちゃ

道の無い急斜面を登って尾根にとりつく。 森の中を徘徊するのは、動物になった気分であるが、軟弱な人間である私はヒーヒー息をあげながら登る。 今日はキノコ目でがんばる。 ムラサキアブラシメジモドキ? ??? コテングタケ? アシナガタケ? ホコリタケ サンコタケ タマゴタ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

飯豊縦走⑤ エピローグ

なつかしかった。 人の温かさが。 山をはじめたころに登ったアルプスもこんなだったのに 今のアルプスなど登ったところで小屋番さんとの交流などほとんど皆無。 それは「人」として話すのではなく「お金を払ってくれてるお客さん」として扱われるからであって。 いや、お客さんが多すぎて「人」としては見てなどいられないのだろう。 登…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飯豊縦走④ 心

山は姿を隠して、容易に「はじめまして」をしてはくれなかった。 そのかわり、たくさんの人の温かい心に触れ 旅を楽しめた。 初日、三国岳の避難小屋で休憩をしたあと、なんだか調子が悪くなって、スピードがガクンと落ちた。 あまりにしんどいので次の切合小屋での宿泊を考えた。 当初、計画を立てた時には1泊目は切合小屋だったし。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飯豊縦走③ 雨とガスの山

天気予報どおり、 山の上は全然パッとしない天気だった。 初日、川入~本山小屋 くもり 三国小屋まできて体調がなんだか悪くて、次の切合小屋で泊まろうかと思ったが、明日の天気が今日より悪いことを考えて、切合小屋で1時間半休んだあと、本山小屋へ出発した。 夕方、陽が沈んだあとの一瞬だけガスがとれて、この風景を見れたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊縦走② 蕎麦と木地師の里

夜行バスで新潟に早朝着。 新潟からJRの磐越西線に乗って山都へ。 あとで気づいたのだが、ここはSL磐越物語号が走っている。 どうせ、登山口の集落へゆくのに1日かかるので、SLに乗ってもよかったな。 山都駅でバスの時間まで3時間ほど待ち時間があった。 町をうろうろしていると・・・ 雪室そばまつりをやっていたので・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯豊縦走① プロローグ

9月11日から15日が連休である。 北岳の肩の小屋で小屋番しているBを応援しにゆくついでに、白峰南嶺を歩くとゆうプランを思いついた! すばらしい! ぴったり5日間で北岳から入って静岡にぬけてくることができる。 その間に、肩の小屋と以前から泊まってみたかった二軒小屋に泊まることができるし。 これはいい! と2か月ほど前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビアマウント制覇!

東京に住む、とても大切にしている友が、最近元気がない。 なんでも、体の不具合で大好きな山に登れないとゆうんだ。 高校も山岳部、大学も山岳部、ツアーガイドして、山小屋で働いて、山が好きで好きで・・・ そんな彼女が山へ行けないなんて、ほんとにどんな気持ちだろう・・・と。 ちょっと心配だったし、長らく東京へも行ってないから、8月の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落ちてました

灼熱の晴天の中見つけました。 日曜日の金勝アルプスにて(笑) 滝があったので、ここだ!と思って出かけていったのだけど 自分の影が岩に焼き付くほど・・・ 暑くて死にそうだった・・・ 実は、雨のシャワーを浴びるつもりで行ったのだけど・・・ 一滴も降らんかった。 あめやんはとう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

チブリ尾根から別山へ

週末。 平標へ行きたいと思っていたが、新潟行きのバスは満席。 さあて、どこへ・・・と思ってたところへ、cd氏から「白山行きます」のメールが。 もちろん、速攻で飛びつく。 その後忙しくて計画をちゃんと見ていなかったのだけど・・・ 前日、パッキンしながら計画を見てびっくり! 「白山」「別山」「チブリ」尾根まではちゃん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

T字尾根

登ってみたかったT字尾根を歩いた。 疲れていたのか起きれなくて 出発がすっかり遅くなってしまったので 装備はビバーグできように しかし、秘境のT字尾根で知り合いとバッタリ出会うとは(笑) 彼はクマガイソウを見にきたらしい。 2時頃・・・と遅い時間に登っていたので、 大丈夫か?と声をかけたら 私だった(…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

暑すぎる

新緑と花のシーズンなんで、比良やら湖北やらにとことこ出かけてます。 しかし・・・ 昨日は暑くて死にそうだった。 しかも急登の谷筋の道。 美しい滝が2つあったのが救いでした。 あともうひとつ。 生ビールのお店を発見したこと。 それだけ。 山は美しいです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昭和35年「近畿の山」

会社の古本チャリティーで見つけた昭和35年発行の「近畿の山」 何気に手を伸ばしてゲットしてきたのであるが・・・ この表紙は芦屋川から見た城山と荒地山ではないか! ガイドは霊仙から始まり、大峰大台の谷にまでいたる。 そして、その中に、大杉谷があった。 不動谷に道があるwww 古本楽し
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more