雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 純真無垢な大滝

<<   作成日時 : 2018/05/06 11:12   >>

トラックバック 0 / コメント 8

大きくて美しくても、人里から離れて、山の奥深くに隠れている滝は、まったくマイナーそのもので、話題にものぼらず訪れる人もほとんどない。

そんな大滝は自由奔放で太陽の光を浴びて明るく純真無垢な滝でした。

銚子川二ノ俣谷黒滝。

画像


***黒滝ってどこ???***

まず、メールがやってきたあと、地形図を探しに本屋へ行ったが、適当に「このへんかな??」と地形図をみてもどの地形図に載っているのかすらわからず、本屋で敗退(笑)

自宅へ帰って、ネットで二ノ俣谷を検索して、出て来た記録からやっと判明。

地形図買わなくてもありましたわw
左の隅っこの、虫みたいに等高線が詰まっているのが黒滝。

画像


ネットの記録では黒滝までの往復の記録だったので、まあ、まさかこの滝は登らんやろ・・・と思いながら「滝登るの?」とメールしました。

そしたら、「あめやんの滝登りたくないオーラに負けてピストン」と帰ってきた。
いや、この滝は登れんやろ・・・とその時は思っていたんだけど・・・

***大台ヶ原から尾鷲への稜線***

実は、さかなや氏のプランは、ホントは滝を巻いて大台の稜線に乗り上げ、杣道または林鉄のあとを拾って降りてくる・・・だったのでした。

なぜ、私の考えがまったくそこに至らなかったかとゆうと
地形図を見てください。

大台ヶ原の文字も堂倉の文字もなく。
まったく、二ノ俣谷が大台の主稜線に突き上げる谷だとゆう認識がなかったのでした。
そのことに気づいたのは、黒滝のたもとで滝を見上げながら、あとちょっと登ったら稜線にあがれそうやん・・・と思った時でした。

さかなや氏が
「そやろ!この尾根を上がったら、堂倉山の尾根に上がるから、そこから道を降りれたと思うで」と。

ええっ!
マジか!
そうゆう意味やったんか。
ひゃあ・・・

ま、日帰りの荷物で、ピストンの方が気楽で谷を楽しめるし、もし稜線上がるとしたらテント泊の用意や水を担いであがらなあかんし。

どっちをとるかとゆうと、かなり悩むところ。

ただただ、ネットの記録をみて、ピストンの発想しか思い浮かばなくなっていた、自分の好奇心と思考力の狭さにもガッカリ。

***もうひとつのネット情報***

「黒滝の手前に悪場があって、そこを右岸のCSから乗り越えるにはアブミがあったほうが良い。」

画像


さかなや氏は左岸の水流の中をフリーで登って行った。
途中で、登った先からジェスチャーで「どうする?」と聞かれたが、ネットの情報にこだわって、右岸のCSを登るつもりでいたので、そう答えると、さかなや氏は右岸までロープを垂らしに移動してくれた。

ま、ここで、沢の基本なのだが、登る時に一番難儀なのはCS(チョックストーン)である。

見に行くと、乗れそうなステップはあるが、その先が外傾していて、滑りそう・・・
ロープが前にあっても、この程度の力量である。
ほんと。

ちょっとだけトライして、その姿をみて「ほら、あっち登った方が絶対登りやすいで」とニヤリと笑われる。
まだまだ谷が読めないひよっこ・・・何年やってるねん。
センス無いなあ・・・
左岸の水流の中へ転戦。

画像

photo by i

しかし、階段状にはなっているが、水流をかぶるので、冷たくて息が止まる。
一歩が出なくて、登っては、水をかぶって息が止まるので、降りてあたたまって、また再度登る・・・を何度か。

下は水しぶきのあたらないところで呼吸を整えている図(笑)
左上のステップの左足までは乗れるのだけど、次の右足が水流に持っていかれそうで怖くて乗り込めない・・・

画像

photo by i

そのうち、ロープが降りて来た(笑)

すみません・・・w
私が悪うございましたw

***楽しみなキャンプ***

いつもの台所担当のcd氏は本日は不参加なので、さかなや氏がメインシェフ。
今日のために、乾燥野菜を大量に作成されているようなので、何が仕上がるか楽しみ!

じゃ〜ん

●1日目メニュー

アマゴの刺し身と乾燥きゅうりと乾燥ショウガの甘酢あえ
アマゴの甘海老のような甘味。ショウガの効いた付け合わせは絶品。

画像


アマゴと乾燥わらびの炊き込みごはん
アマゴは炙らずそのまま投入、臭みは全くない。わらびも美味しい!

画像


アマゴの唐揚げ
ゆうまでもない!頭の骨まで完食。

画像


●2日目メニュー

乾燥野菜のスープパスタ
日々、コツコツと野菜を干しておられるさかなや氏の努力のたまもの。
野菜って干すと味がこゆくなって、ええダシが出るのを初めて知った。

画像


焚き火を起こして(今回は私が火を起こしましたw)楽しい宴。
しあわせだなあ・・・

画像


ほんと・・・
黒滝を見れたのも、楽しい時間が過ごせるのも、友あってのこと。

感謝感謝。
それしかありません。

昼寝しているお二人さん、ありがとねー!

画像


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
二ノ俣谷と聞いて、目的は釣りと林鉄跡やと思てましたが・・・。
グルメ旅になっとるな、最近(笑)

行きたかったなぁ。
まあ、当面無理やけど。
cd
2018/05/06 12:06
cdさんも来れたらよかったのにねえ・・・残念。
あめやんは二ノ俣谷がどこなのかをよくわかってなかったですわ(笑)
今年は歩くで〜大台ヶ原から尾鷲!
あめやん
2018/05/06 12:24
cd氏>ほんまにグルメ保養コースやったで(よー寝たし)
あめやん>で、今日は比良行ったんか?photo by iの写真、又貰いするで。
魚屋
2018/05/06 18:13
魚屋氏>今日は昼寝しとった・・・
あめやん
2018/05/06 18:52
えーがな!
F@宇都宮
2018/05/08 07:39
はよ、かえっておいで(笑)
あめやん
2018/05/08 08:43
ゆったりとお腹満腹最強干し野菜スープ!(しかも昼寝つき!)
imao
2018/05/09 16:59
楽しかったですなあ!素敵な写真をいつもありがとう。
あめやん
2018/05/09 17:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
純真無垢な大滝 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる