雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 不動谷の歴史に思いを馳せる旅

<<   作成日時 : 2017/09/11 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今回の一番の旅の目的はこれ。


大杉谷森林鉄道の今


さかなや氏が見つけてくれたセミナー。
定員80名の会場はほぼ満席。
それもすごいと思った。
こんなマニアックな話に・・・

鉄道ファンはわかる。
廃道ファンも。
そして、ダムマニア様。
山の徘徊好きな人。
かつて、林鉄で働いていた方々そそのご家族。

で、たぶん、話を聞いても全然わからん,、大杉谷のハイキング道の話と間違って来ちゃったハイカーの人もいてはるかな(笑)

当初、私は南アルプスに行こうかどうしようか、迷っていたもんで、返事を濁していたが、どうにも山に気持ちが向かわないので、こんな時こと、こうゆうセミナーに行って、英気を養うのがええかと思い。

さかなや氏の&釣り計画に便乗させてもらった。

このセミナー素晴らしかった。
不動谷のダムマニア道で見つけた索道跡。

私はまだ到達していないロクダイ。

昭和2年の地図。

上北山から続く索道。

見たことのない写真。

中でも索道につるされた大木に乗った人の遥か下に千尋の滝が写ってる写真。まっすぐなインクラ谷のインクライン水越谷線。そして、今はもう朽ち果ててみることのできない木製の橋げた。

画像


ドキドキワクワクであった。

写真を見ているおじいさんの中に、昭和25年にロクダイに入所してそこで働いておられた方がいらっしゃった。
いやあ、実際にそこで働いておられた方に会えるなんて・・・

セミナーでお話しをされていた踏査した方もすごいと思った。

「そこをまっすぐ登れるのか?」という質問は愚問である。
山の地形を読み、どこでも登れる人でないと、ここは行けないのだ。
普通に歩ける道ではない。
簡単にお話しされていたが、最後に質問する聴衆に対して「簡単には行けませんよ。私はこう見えても高校時代から山岳部で、岩も登り、ロープも扱えます。今回のルートはロープを何度も出しましたし。」と。

地図の登山道の赤線をたどって歩いてる人とはわけが違う。
とゆうことを、聞いている人にはわかったんだろうか?
おじいさん、おばあさんだらけだったが・・・


とにかく、非常におもしろかった。

すごい。

当時の資料や地図や設計図が、めっちゃ貴重でじーっと見入ってしまった。
そして、また行かないといけないところが増えるのであった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
激務終了しましたか。
魚屋
2017/09/12 18:48
書籍、カタログ類を読むところまでは到達しませんでした。
加茂助の頭から奥坊主、口坊主に行ってる人を見かけてしまって、今、それを研究中www
熊はおったらしい。
あめ
2017/09/12 21:38
奥坊主?口坊主?研究中?尾鷲に住む気だな(笑)
魚屋
2017/09/13 19:41
まず、尾鷲神社を訪ねるプランはできたw
次に瀧原宮はお伊勢さん参拝してから再訪することにした。
そして何気に8日検討中www
あめ
2017/09/13 21:24
できれば、あの図書館に5年くらい住まわしてほしい。
あめやん追記
2017/09/13 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
不動谷の歴史に思いを馳せる旅 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる