雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 奧駈ファイナル@マムシ・ヒル・ダニ・そして道まよい

<<   作成日時 : 2017/05/19 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年GWの翌週の奥駈があまりにも美しすぎて、今年も歩くならこの時期と決めていた。
コースは、たとえば、八経からまた歩く、前鬼から入って熊野まで、気になっている奥八人山をからめて熊野まで、または順峯・・・

とかいろいろ思っていたのだが、この前のブログに書いたように、足の調子はそんなにいいわけではなく、おまけに「骨折」跡が発見されるなど、私にとったらえええええええええ・・・なことがいくつかありーの。

なので、ここは、まだ歩いていない行仙〜熊野を手堅く歩くことに。

運よく連休初日は日曜日。

何が運がよいかとゆうと、早朝自宅を出て、上市から桑原行のコミュニティーバスに乗るのだが、土日は上市発8時30分、浦向着10時50分。この1本しかない。
もし平日なら、バスは夕方しかなくて、浦向に着くのが18時まわるのである。

なので、出発は土日必須。

ちゃんと早起きして、ちゃんと電車に間に合い、ちゃんとバスに乗れた。
懐かしの浦向
画像


しばらく道路を歩き、山道に入る。
入口の看板には「山ヒル注意」とかかれている。
画像


雨後、そして気温高い・・・
当然おるやろ・・・

そして、去年降りてきた時にはハチもブンブン飛んでいた。

気温が高いので、一応マムシも警戒していたら、案の定、杉林の作業道の真ん中に居座って、鎌首もたげていた。

うむ。
マムシ怖い。

まず石を投げてみる。
ちょっとくらい当たっても動かないので、ドバドバ投げてみる。
それでも知らん顔・・・

しかたないので、長い木の枝を拾ってつついて谷の方へ落とす。

マムシクリア♪

さて、前回下りでめっちゃ迷ったところは鮮明に覚えていて、どこを歩けばよいかわかるのだけど、前回全く迷わなかったところが、なんかわかりにくい。
画像


昭文社の地図に「水場・小屋跡」と書かれたところへ来た。
何も考えずにまっすぐ小屋の前へ降りて、水を飲んだら、谷を渡ったところに石積みがあって道はそっちだってわかるのに・・・なぜか私は谷の手前のピンクのテープに導かれて、手前の尾根を上がってしまった。

当然、道はだんだ険しくなり、テープもなくなり、来た方向もいまいちわからんくなってきた。
このまま尾根をつっきるか・・・と思ったが、ここは大峰、そんなにたやすく尾根を突っ切れるはずはない。
しぶしぶ、乗っかった尾根をまた来た方向へ下って元の道に戻り小屋へと向かう。

やはり小屋の前からちゃんとした道がついていた。

その時、左の手のひらがチクッとした

うわああ!出た・・・ちびヒル

準備していったミントスプレーで撃退。

足元も大丈夫かと見回すと

うわあああ!

今度はダニだ!

またまたミントスプレーで撃退。

やはり・・・

山道はほぼ植林で、虫だらけで、面白くなく・・・
そんな登りを3時間。
下った時の印象よりえらく時間がかかった気がした。

そしてようやく行仙小屋についた。
だれもいなーい。
画像











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奧駈ファイナル@マムシ・ヒル・ダニ・そして道まよい 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる