雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS なかなか頂上へ行けない雪の霊仙山

<<   作成日時 : 2017/01/22 19:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

雨の雪山のトレコースは3つ。
伊吹、武奈、そして霊仙。

霊仙が中でもまだ地形も雪も読めなくて、もっと知りたい山。

そんなわけで、21日は霊仙へ行ってきました。
ほんとは21日〜23日3連休なんで、天気が良ければ、テント背負って比良縦走とかもありかなーと思ってたんだけど、土曜日も日曜日も月曜も荒れ模様っぽい。

いつ、霊仙に行くかも迷って、最初は月曜に計画してたんだけど、どうやら予報やら天気図やらみると、月曜にも寒気がやってくるとか。
土曜は、金曜夜から土曜早朝に寒気が通り過ぎるので、荒れても午前中。
それなら、どんどん天気がよくなる方がよいし、霊仙は最初は林道歩きだし・・・と。

一番心配だったのは土曜の朝に起きれるかどうか。
始発に乗らないと間に合わないので、起きるのは4時、家を4時45分には出ないと頂上狙うことはできない。
ただでさえ、頂上は無理っぽいし。

とにかく用意をして、早めに寝る。

朝、なんと、かなりスッキリ起きれた!
よし、行くぞ〜

とゆうわけで、始発電車でとことこと柏原駅へ。

朝焼けの伊吹が迎えてくれる。

画像


駅員は委託された地元のおじちゃん。
「気を付けて〜」と言われて出発。

駅前から除雪された雪の塊がある。

林道も養鶏場のあたりから、雪はびっしり。
だが、古いトレースと、今日の足跡が1つある。
古いトレース残ってるところみると、昨日は降らなかったのか?

とにかく、今日の新しいトレースを追いかける。
歩幅がかなり広いので背の高い男性だな。
チェーンスパイクで歩いているっぽい。

画像


ズボズボの雪で歩きにくい・・・
画像


谷添いのトラバース道を踏み抜きに注意して歩いてゆくが、倒木を跨いだりくぐったり・・・
気を抜くと踏み抜くし・・・

二本杉に到着するころには2時間経過していた。
画像


ちょっと休憩して先へ進む。
このペースで頂上は無いな。
先行者のトレースは2合目の標識に向かってテープの目印どおりトラバースしているが、ここで私はちょっと考えて、ピークへ向かって登ることにする。

自分の足跡を雪にスタンプ!

画像


ズボズボ踏み抜きながら進んでいると、吹雪いて来て、ワカンつけるのもなんだか・・・な強い風が吹いて来た。
ので、そのままズボズボと歩く。
画像


場所を選んで登らないと股下までもぐる(笑)
ああ、このまま足抜けなくなったりしたら、誰も助けにきてくれないよーとか思いながら、ズボズボ・・・

ま、とはいっても、だいたい膝下でしたけど・・・

心細くなって登山道方向へ照準を合わせる。
トレースを発見すると同時に、後ろから来た4人組さんも発見。

心細いので、帰ろうかと思っていたが、天気もよくなってきたし、4人組さんも前を歩いてくれてるので、とりあえず4合目までは行こう。
画像


ツボ足でもまあ膝下くらいだししばらくツボ足で歩いていたが、せっかくもってきたのだからワカン付けるか・・・とワカン装着w
画像


歩きやすい平坦な道をワカンでぺたぺた歩いて4合目到着。
画像



どうやら、前を歩いておられた方は4合目の小屋より手前で引き返し(私がピークに寄り道している間に4人組さんとすれ違ったらしい)4合目の小屋から先はトレースも無い。
画像


時間は、なんと12時(笑)

4人組さんも、少し先へ行ってみます・・・とラッセルして出発してゆきはったけど、すぐ戻って来て「もう降りますわ」と、先に下っていかれた。

私も〜
ま、無理せず、ここでゆっくりして、ゆっくり下りましょう・・・と。

画像


画像


私の実力なんてこんなもんである・・・
ほんと、ちっぽけ。
ちっぽけな私だけど、山はちゃんと遊んでくれるし、楽しませてくれる。
いつも畏敬の念をわすれずに感謝。
そしてちっぽけだけど、ひとりで山に登ることは自分にとってはいつも冒険w
ひとりで登って自分でできないことを確認して、いつも一緒に登ってくれる友のありがたさを知るw

さて下ろう。
いい天気になった。

画像


泊装備持って来て上の避難小屋に泊まろうかとも思っていたが、きっと無理だったなあ・・・と。
そんなことを思いながら、とことこ下る。

画像


林道へ出ると、伊吹がきれいだった。
画像


深い雪でも霊仙を登れるようになるまで、霊仙の山の神様お付き合いください(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
残念!
しかし、家を4時45分に出て京都駅は何時?
この時間帯行けるとは知らなかった。
魚屋
2017/01/22 20:54
あれ?知らんかったっけ?6時に待ち合わせしたことなかったっけ?
京都はねえ・・・えっと・・・5時45分!(始発5時17分)
気合と根性が必要やねん。
がんばれば行ける。
あめやん
2017/01/22 21:28
霊仙は、南西尾根からしか登った事がなく、北からの柏原駅からルートに興味あり。山スキーでも行けるかな?
スキーのスイッチ、なんとかして入れようとしてます(^-^)
いぐっちゃん
2017/01/23 21:17
スキーで滑れるんは頂上台地くらいかなあ・・・南西尾根も滑れるよね。(石灰岩気にしなければ笑)
あめやん
2017/01/24 07:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
なかなか頂上へ行けない雪の霊仙山 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる