雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 下の廊下

<<   作成日時 : 2011/10/13 10:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

10月に連休が2回。
最初は10月2日〜4日の3連休
あとは12日〜16日の5連休

わーーい!と喜びたいところだが・・・
懐が苦しい。

遠出はどちらかしかできない。


どこへ行こうか・・・

前々から目標にしているところは3つ。

北鎌
西穂〜奥穂
下の廊下

天気がよければ西穂〜奥穂を考えていたのだが、腰のこともあるし、雪がすでに降りそうなので、一番標高の低い下の廊下に行くことに決めた。


最初に立てた予定では2泊3日。
初日の朝大阪を出て、その日はロッジくろよん泊まり、2日目に黒部ダムから下って下の廊下から阿曾原温泉小屋泊り、3日目に水平道を下って富山へ出て帰る・・・

しかし、直前に逆コースで歩けば、1泊で家へ帰れることを発見w
ロッジくろよんの前泊が、どうにも腑に落ちなかった私は速攻逆コース決定。
以前、赤牛沢登って読売新道降りてきたときに、確かこのロッジくろよんに泊った(テントだったけど)覚えが。
とくに、よい印象もなく(別に悪いわけでもないけど)わざわざ泊るのもなあ・・・と思っていただけに。
休みの初日の昼間は、宅急便の受け取りと準備に費やし、夜行バスで出発することに決定。

**********

朝、富山は雨が降ったらしく、道は濡れている。
猛烈に寒い・・・
土曜の天気予報は雨。
日曜は晴れだったので、初日の雨は計算済み。

もちろん、剱や立山も雲の中。

地鉄に乗り換え、初めての黒部峡谷鉄道で欅平へ。

途中、あこがれのサンナビキが見えて感激。
サンナビキも雪をつけている。

欅平から水平道へあがる途中、振り返り見るとまっ白な山々が。

画像


おお!!!!!
気分が一気に高揚↑

水平道は写真で見るより、充分幅のある広い道だった。

画像


画像


画像


画像



大きすぎて、写真におさまりません。
それに、雪でまっ白な山は見えますが、紅葉はまだまだ・・・

テケテケ歩いていると、あまりに単調で時々ぼんやりしてきます。

確かに、すごい景色だけど・・・

なんか、こう、沢を登っている時のような一体感が無いってゆうか・・・

そんなこと考えながら、テケテケ・・・

夜行バスの疲れが出てきた頃に、阿曾原温泉小屋に到着。
すぐに、温泉入ってビール飲みたかったのですが、温泉はあと20分で男性の時間。

う〜む。
微妙ですが、後の回を待つことにします。
ビールも飲めないので(温泉まで歩いて10分かかるwww)そのへんにいてはる人とおしゃべり。

平日なのに、小屋には約50人の宿泊客が。
ほとんどが仙人池から下ってきた人達で、60オーバー方が多い。

なんだかな・・・

とゆうわけで、お風呂入ってきました。
いいお湯でした。
風呂だけ入りにここまで歩いてきてもいいなあ・・・と思うぐらいいい湯だったな。

画像


とゆうわけで、食事も平日なのに2回戦です。

画像


普通のカレーなのですが、美味しくて2杯食べましたwww

**************

2日目。
いよいよ、下の廊下。

コースタイムで8〜9時間。
腰を痛めていらい、初めて歩く長距離長時間です。
無理のないように、ゆっくり歩こうと早出します。
といっても、夜が明けてからだけど。

1時間しないうちに、関西電力の施設へ。
「高熱隧道」の舞台。

画像


吊り橋を渡り

画像


画像


半月峡

画像


画像


画像


そして、あこがれの十字峡

画像


画像


画像


下へおりてみた
画像


透き通る青いながれ・・・
この風景とゆうよりも、上流に思いを馳せるから憧れなのだろうなあ・・・
剱沢の剱沢大滝、棒小屋沢・・・

白竜峡までの少しの間、明るく開けた風景が広がる、

画像


画像


画像

(どうやら、先日の地震で下の廊下の歩道が崩壊したんはこのあたりみたい。)

そして谷はその幅を狭める

白竜峡
画像


画像


画像


画像


画像


白竜峡が一番好きだ。

高巻きのハシゴを登ったり降りたり・・・

画像


そして別山沢。
このあたりで、黒部ダムから降りてくる人と、たくさんすれ違うようになる。

画像


画像


画像


黒部の流れへの距離がだんだん近づいてくる。

白竜峡を越えると、普通の登山道風になってくる。

新越の滝が見えてきた。

画像


ぬ、あう、d氏は、これ登っているのだからすごい・・・
こっちからは、登れるようには見えないんだけど・・・
でも、ルートは読めるなwww


前を歩いていた3人組さんが、河原でごはんを食べていたので、私も休憩しようとするが、なかなかよい場所がない。

なかば、やけくそ気味に歩いて、鳴沢小谷のあたりで休憩。
あまりよい場所ではなかったが・・・

いい加減疲れてきたころに、やっと内蔵助谷と出会う。

おお!なつかしい・・・
丸山東壁

画像


内蔵助谷からは、これまたガイドさんに引き連れられた、シルバーな方々が20名ほど降りてこられた。

・・・・・・

なんてゆうか・・・

なんてゆうかだった・・・

いや、よいのだけど。
山を楽しみたい気持ちは同じだろうから・・・

とゆうわけで、黒四ダムに到着。

画像



**************

5日ごろから、立山は群発地震におそわれ、7日に落石事故と歩道の崩落があり、今年の下の廊下は通行止めとなった。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいの一言。
まさに秘境、山屋さんのオアシスですね
この山域が世界遺産に申請されないのが不思議です

いい思い出になったんじゃないですか?
ハリーポッチン
2011/10/13 23:03
私も3連休で行くはずだったのですが温泉三昧になってしまいました。
楽しかったけど。
Haus
2011/10/13 23:42
ぽっちんさん、こんばんは〜
綺麗なところでしたが、あたしには大きすぎて・・・
腰を痛めてから、長時間歩いてなかったのですが、1日目5時間、2日目8時間歩いて自信つきました。ひとりで行ったので、途中で動けなくなったらどうしようかな・・・などと不安でしたが、案外前後に人もいたし・・・平日でも人が多かったです。
あめやん
2011/10/13 23:55
あれま。
たしか、マーライオンのあの時、本当は下の廊下行く予定だったんだよね。
天気悪くてマーライオン。
いや、猫又は今までで一番美しい剱を見れたし、楽しかったなあ〜〜
あめやん
2011/10/13 23:57
おお〜なつかち〜
くろべ〜はアイヌ語で魔の川〜

2011/10/14 10:00
ほんとに!アイヌ語なの?なんで???
そうそう、震源が平ノ小屋の真下だったんだけど、大丈夫だったんかな・・・
あめやん
2011/10/14 11:30
確かに単調な歩きなので飽き易いです。地元では数年前から観光向け登山を各旅行会社に誘致しているのでシルバー世代のお客が増えているのは確かです。山しか観光資源のない地方行政なので致仕方の無いことですが、バリエーション系登山愛好者にとっては迷惑な場合もあるようです。ただ、既成登山ルートからほんの一歩はみ出せば人っ子一人として出会わないエリアですよ。もちろん沢は鉄板だけど廃道をバリエーションするのもお勧め!たとえば欅平の頂上にエレベータであがれる展望台があるんですよ。そこまでバリエーションで登るもよし!小黒部旧道なんてめっちゃ素敵よ!旧仙人道もお勧め!
d
2011/10/15 23:03
さすが、d氏。
小黒部旧道って、前、だいちゃんがスキーと沢靴持って、行ったとこちゃうん?難しいでしょ?
今度、行くときは欅平の頂上へ行ってみる。
d氏のおすすめが、あたしに歩けるところなのかどうかは疑問ですがwww
あめやん
2011/10/16 00:54
めっちゃ良い天気ですね〜
阿曽原の温泉は良いですねえ。
また浸かりに行きたいものです。

2011/10/17 21:52
次は祖母谷温泉狙ってます。
白馬から唐松の間を歩いてないので、祖母谷から白馬へ登って、不帰のキレット越えて、唐松から祖母谷へ降りるってのはどうかなあ?
あめやん
2011/10/18 01:51
阿曽原小屋です。ご心配をお掛けしております。
崩落現場の調査をして来たものを、小屋のHPに載せておきましたので、ご参考までに。
小屋主
2011/11/03 22:55
宿泊の折りには大変お世話になりました。ありがとうございました。パソコンが壊れていて、今すぐに見ることができませんが、現場へ行ってこられたのですね。ご苦労様です。阿曽原の小屋にはまた泊まりに行きたいです。温泉すばらしかったー!
あめやん
2011/11/04 02:57
下の廊下で検索してたら、ここにたどり着いたよ〜^^
あっぽ
2012/09/24 21:59
あらwいらっしゃーい!
あめやん
2012/09/26 23:36
阿曽原何時出発で、扇沢には何時くらいに着きましたか?
もし覚えてたら教えてください^^

10月末、行けたら行こうかと。
小屋もギリギリ営業してそうだし。
あっぽ
2012/09/30 12:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
下の廊下 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる