雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 2300円で日帰り南木曽

<<   作成日時 : 2011/07/27 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 8

なんか、やってることが、だんだん老人くさくなってきましたwww

休みが3日あったにもかかわらず、なんの予定もなく。

冷蔵庫がこのクソ暑いのに、先週の週末に故障。
金曜日に修理を依頼したので、休みの初日のこの日は家におらねばならず。

冷蔵庫はどうやらセンサーの不具合で、冷凍庫の中身がドロドロに溶けちゃって、最悪でした。
ま、そんなに冷蔵庫にモノを入れないほうなので、ハンバーグ1個とシチュー1食、ハーゲンダッツの新種杏仁がドロドロになっただけで清みましたが・・・

冷蔵庫の修理が終わってから、今後の休みの過ごし方をぼちぼち考え。

高山行きのバスなら往復とれるので、西穂高でも登ろうかと思いましたが、西穂高だけ登るのにバス代往復1万円ほどとロープウエイの往復の運賃、西穂高の小屋代・・・なんか、もったいないなあ・・・と。

どっか、適当に面白そうで、いったことがない山はないのか・・・

と・・・


っととと・・・・


思いつきました。



そうや。
中央の南に行ってみたいって思ってたやんか。


念丈とか安平路とか・・・


けど、1泊2日で電車ではちょっと難しい。

で、見つけたのが


南木曽岳



もう、こうなったら、できるだけ安くをモットーに青春18切符で行くことに。

調べると始発の電車にのると、南木曽駅に10時につくではありませんか!
いやいや。

そんなところまで、行けるんや!

決定!

問題は登山口までのバス。駅に着いてから40分後にしかなく、帰りも最終が15時55分。
バス停から登山口まで1時間登山道4時間のこの山では、少し時間がたりない感じ。
タクシーでアプローチすると3000円かかる


むーーーむーーー


タクシー使ったら節約の意味ないし。


そんなこんなしているところへ名案発見。
登山口の一つ手前にホテルと併設の温泉があって、駅までのシャトルバスを運行しているらしい。

行きに乗せてもらえるかどうかは微妙だが、帰りは温泉入って帰るので乗れるはず。
よし、これを利用させてもらおう!と出発。

うまく、いきました。

ただ、時間かつかつでかなり速いスピードで歩いたので、写真があんまり撮れなかったw

けど、こんな景色の山でした。

高野槇の美しい森

画像


思っていたより急傾斜な山。御嶽山・木曽駒と並んで木曽三山らしい。修験の山だそうだ。

画像


しかし、梯子だらけは興ざめ

画像


頂上の石碑
展望はない。

画像


頂上近くの見晴らし台からの展望。御嶽と乗鞍が見えるらしいが、この日は雲が厚く見えなかった。

画像


頂上の避難小屋。ここで気が向いたらここで泊ろうかと思って、一応ガスとかマットとかフル装備持って登ったが、降りても帰阪できるので、泊らなかった。なかなかきれいな小屋だった。

画像


登山口からみた南木曽岳(左側)。もっさりしている。

画像




魚屋氏とcd氏と堂倉へ行きたかった・・・

そんな休日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
老人に近づいてんやからしゃあないべ。
もっさりでも行った事ないとこはワクワクでしょう。
普通山屋さんは登山自体がスタンプラリーみたいなもんなので
同じ所に何度も行かない傾向のようだけど
釣りとか山菜キノコとか他に目的あやりゃ同じとこ通うので
四季によって行く度に違うパターンがあったり面白いよね。
同じ山でも目的変えて楽しむのも老人の楽しみかもしれんよ〜


2011/07/28 11:04
この日、私はもともとソロ避難小屋泊で越百〜南駒〜空木のんびり周回ツアーを頭の中で描いていたのよ。
で、前週の半ばに何の気なしに「堂倉、いつ行く?」って魚屋氏に声かけたらポンポンと話が進んで。
思えばそれが間違いやった(笑)
cd
2011/07/28 11:19
中央の南なんぞ最近の遊び場です。
沢なんてネットで見ても関東の沢みたいに細かく書かれた記録がほとんどないから
簡単な沢ばかりだし、当たり外れ多いけど案外楽しいでし。

2011/07/28 20:42
>ぬ氏
とうとう、扱いが老人になってもうとるがな〜〜(T_T)
いや、まあ、楽しうございました。
老人なりに。
あめやん
2011/07/28 23:07
>cd氏
雨ほんますごかったから、思わず帰ってきたかどうかのメールを入れてしまったわ。
でも、奥七つ釜は行けたんやね〜
なんか、行けない渓ってなかなか完全遡行できないもんなんよねえ・・・
また、一緒に遊んでください。
あめやん
2011/07/28 23:09
>だるる
そうやん!だるるの庭やん。
忘れとったわ。
帰ってきてから、だるるのブログ読んで「柿其渓谷・・・ん?聞いたことあるような・・・」
いや、看板がありましたわ。
あの辺の沢も面白い?
行ってみたいけどマムシ怖い・・・
あめやん
2011/07/28 23:11
南部も登山道しっかり整備されてるんですねえ。
ならば老後の楽しみに置いておきますわ。

2011/07/29 21:59
そうですな。
老人ハイカーが多かったです(含むオイラ)
あうさん、東京生活はどない?
あめやん
2011/07/30 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
2300円で日帰り南木曽 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる