雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ヶ岳

<<   作成日時 : 2010/12/25 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


さて、最初に届いたメールでは、け氏とぬ氏は、金曜の夜に東京を出て、土曜日に大天狗まで上がるとあった。
日曜はアイスクライミングとな。
アタシが金曜の夜行バスに乗ってきたとしても、早朝に午前中に赤岳鉱泉に入るのは無理。
昼近くなってしまう。
それに、帰りも彼らがアイスクライミング行くなら、あたしはバスで降りなければならないので、結局、美濃戸の最終バスには間に合わない。
可能性としては、金曜日も休んで、先に鉱泉まで入り、土曜日に彼らより先行して歩き、帰りも大天狗まで行くと美濃戸の16時台のバスの時間に間に合わないので、もう1泊赤岳鉱泉に泊まる・・・それしかないと思ったが・・・

金〜日にするか、土〜月にするか、日〜火にするか・・・で結局日曜が天気良さそうなので、土〜月で行くことに。

御嶽で痛めた膝の具合もいまいち。
しゃがむことができない。。。

しかし・・・
もしかしたら、takakoがあの場所で寂しがっているのでは・・・
会いにいったらんと・・・
などとゆう考えも頭に浮かびーの。

折しも19日日曜は日本列島すっぽり移動性高気圧に覆われ、晴れな感じ。

気の進まぬまま、心もしずんだまま、金曜の夜のバスに乗った。


***** ***** *****

バスの中で、ふとツイッターのDMが届いた。
いとみちゃんからだ。
「明日、茅野で10時にじゅんさんと待ち合わせて車で八つに行く予定です。10時ころのバスに乗るつもりなら一緒にじゅんさんの車で行きませんか?」と。

いとみちゃんとじゅんさんに会うのは沢上谷以来。
どうしているかな〜と思っていたので、会いたくなった。

6時に韮崎に着き、電車で移動後、10時まで茅野駅で時間をつぶす。

そして、念願の再会!
いとみちゃん、元気そう!
じゅんさん、北海道行けなくって残念だねえ!

てなわけで、まず腹ごしらえからw

ピザにドリアにパスタを食べて

いざ、美濃戸へ。

雪は少なくて赤岳山荘のPへ駐車することができた。


さてさて、歩きはじめたが。
行者小屋でテント泊りの彼らとは、あっとゆうまに別れがやってきた。

画像


じゃーね!
明日、頂上で会えるといいね〜といいながら、アタシは北沢、彼らは南沢、別々の道をゆく。


********** **********

分岐からひとりで歩くけど、別になんちゃない。
1月とは明らかに景色が違って


もっさり
した感じ。

八つって「きーーーん!」としてないと、八つっぽくない。

小屋に着くまで1枚も写真撮らなかったw
それだけ、もっさりとしていた。


ぼんやりと小屋に着いて、受付で

「寝る場所はどこにしますか?」などと・・・・

初めて聞かれた。
そんなの、勝手に決めてくれ・・・と思ったけど、選べとゆうんで上の階の緑の2番を選んだら


みごとに、おっさんとおっさんの間であった。
(この時隣になったのが、コメントをくださったakiraさん。おっさんゆうてごめんなさい)


ま、でも、さすがにこの時期の八つに単独で来るおっさんは、筋金入り。
話しをしていても楽しい。

隣のふとんのakiraさんが何かと話しかけてくださる。
食事のときもたのしく過ごせて、ありがたかった。

*********** **********

翌日。
朝食を食べて、じぶんペースで用意。
7時半に小屋を出発する。

じつは1月の時もそうだったのだが、今日もガイドのミキヤツさんパーティーの後を行く。

後からくるのも、ガイドパーティー。

え?あたしくらい?個人で登っているの?

と思ったら男性の単独の方がおられたが、その方のアイゼンでの足運びがめちゃくちゃ怖い。
坂ではあるけど、そんなにたいした傾斜ではないのに、アイゼンを横にして上がっていく。
いやはや、まっすぐ歩けるのに。。。

もっと低い山で慣れてから来たらいいのに・・・とちょっと思ってしまうくらい、怖かった。

さて、樹林帯を抜けるとガイドパーティーはロープでコンテ。


なんか見ているだけで緊張してきた。

この山は、そんなにして登らな登れん山なのか・・・


去年もトレースの無かったトラバースルートは、今年もトレース無し。

むううう。
権現への稜線が目の前に見えている。

行けそうな気もするし、ルートも読めるが、今日の不安は氷。
氷の上にうっすら雪の乗っている状態なので、ピッケル1本では少し不安。
どうしよう・・・
行けるか行けないか迷うところは、行ってはいけないな。
無理して危ない目にあうよりも、安全第一か。

トラバースルートはあきらめて、竜頭峰へ向かうことにする。

赤岳への分岐をわけて、竜頭峰に登っていると、声をかけられた。

「キレットへ行くんですか?」

いいえ。竜頭峰まで・・:・

ん?あたし、竜頭峰までしか行かないのか?

「気をつけて〜」

はーい。もちろん。


竜頭峰への道は、少々切れ落ちていて、鎖はあるのだが怖い。
ここを歩いてて、1月の時よりなんか怖いと思った。
天気は良くて、風も全く吹いていないのに。

そして、大天狗の見える場所に到着。


画像



すっきり見えている。
誰もいない。
稜線にもトレースはない。


ぬ氏とけ氏は
まだ到着していない模様。

とゆうことはどこから来るんだろう?
谷登って来るんかな?
などと谷を見下ろす。

もしかしたら、阿弥陀からかも?
きょろきょろするが、黄色×青のJKと赤のJKのコンビは見あたらない。

画像



ただ、聞いたことのある熊鈴の音が阿弥陀のほうからり〜んり〜んと響いている。
いや、他の人の鈴かもしれないし。

天気がよいので、30分くらいtakakoのことをぼんやりと考えながら、人影が見えないかきょろきょろして時間をつぶす。
こんな、天気の良い日だったら、いまでも山に登っていただろうにな。
けど、こんなに天気よかったら、トレーニングにはならんかったやろうなとか・・・

岩峰を下ってみようかとも思い、ちょっと前へ進んでみるが、すっぱり切れおちたこの先の岩を降りる決心が付かない。

しかたない。
あたしの、実力はこんなもんだ。
怖がりで、ガッツが無くて。
誰かの世話にならないと、前へ進めない。

ちょっと、情けない気持ちになりながら、ここを離れることにする。


takako、またね!
来年は夏に1回トラバースルートと岩峰を下ってから、12月に来るわ。

画像


***** ***** *****

このまま、降りようかともおもったが、まあ赤岳の頂上くらいは踏んでおくか・・・と30分登って赤岳へ。

画像


登る途中、鎖場を降りてゆく、じゅんさんといとみちゃんを発見。
いとみちゃんの緑のJKがよく目立つので、よい写真が撮れた。

画像


画像


たくさんの人が登っていたが、みんなすぐに降りてしまって、もう数パーティーしかいない。

しかし、良い天気。
頂上でのんびりお茶を飲むことができる。

1月の時は、まつげにつららが出来たのに(笑)

***** ***** *****

さて、どんどん降りる。

鎖場を降りて、トラバース道の分岐にくると

あれ?

トレースが・・・

足跡2つ。

ぬ氏とけ氏にほぼ間違いない。

一瞬、踏み後たどって追いかけようかと思ったけど、ちょっと思いとどまった。
どうせ、合流できてもモタモタして世話をかけるだけだし・・・

また、来年ひとりで来たらいいや・・・

会うなら、大天狗でtakakoと一緒に会えたらいいや・・・

そんな風に思った。


どんどん下る。

気温が高くなったので、雪は快適なザクザク具合。

あっとゆうまに行者小屋へ。

もう、降りてしまったかと思っていたいとみちゃんとじゅんさんに再会。

結局、じゅんさん、いとみちゃんとも頂上では行き違いになって、会うことができなかった。

もう、テントをたたんで降りる用意をしている。
アタシはまだこれから鉱泉へいって荷物をパッキンしなおして・・・なので、会えないかもしれないと思い、お別れをする。

小屋へもどり、荷物を詰め、軽く行動食を食べて、下る。

いい天気だ。
なーんにも考えずにただただ下る。

また来るね〜


***** ***** *****

赤岳山荘の駐車場に着くと、じゅんさんの車がまだあった。
そんなに、時間違わないはずなので、山荘でコーヒーを飲んで待っていると、彼らも降りてきた。
一緒に温泉入ってトンカツ食べようとゆうことになった。

アタシは、日曜の晩も1泊するつもりで来ていたので、どこに泊まるか決めておらず、どうしよう・・・と悩む。

甲府まで行って、夜行バスに乗るか・・・
茅野からの明日の昼のバスに乗るか・・・
諏訪もいいなあ・・・

いろいろ考えた結果、じゅんさんオススメの民宿に泊まることになる。
「いとみちゃんもどお?」
って、半分冗談でゆうたら
「それもいいなあ!」って。

結局2人で泊まることになったw

民宿は温泉が湧いていて、いつでも入れるとのことだったので、先に腹ごしらえ。

極厚トンカツでかんぱーい!!!!!
(じゅんさんは車運転してくれてたので飲めなかったけど・・・ありがと)

画像


じゅんさんのブログ

いとみちゃんのHP

諏訪の旅へつづく・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらではおはつです。yamabadgeの長次郎です。
takakoさん、喜んでると思います。
私には想像してあげることしかできませんが・・。

八ヶ岳を眺めたり、登ったりするときは、眼を閉じて・・想像させてください。
去年のちょうど今頃、私も「どうかご無事で」と願うひとりでした。
長次郎
2010/12/25 09:53
こんにちは。コメントありがとうございます。八ヶ岳はまた来年がんばります(笑)
あめやん
2010/12/25 10:09
こんにちは!

ブログ読んで、DiDiさんとの絡み具合(笑!)がよく分かりました♪ 
二人からほぼ同時にツイッター入って楽しかった☆

タケヤ味噌では、片やソフト、片やお味噌汁が届き、
どっちにしようかなあ〜、どちらもおいしそう!なんて迷っていたよ。

自分がなかなか動けない分、いつもブログ&ツイッターで
メッチャ楽しませて、そしてパワーもらっています。ありがとう。

今日はクリスマス。お互い仕事ですね!
よく働いたご褒美に、今晩あたりサンタが来るといいですよねえ〜〜〜。

来年もどうぞ宜しくお願いします (*^^*)
ViViで〜す
2010/12/25 15:09
ViViちゃん、こんにちわ!いつも元気なコメントありがと。いつか一緒に山登ろうね〜
あめやん
2010/12/25 16:43
一周忌山行お疲れさまです。
がんばってるあめやんにいつも元気をもらってます。
d
2010/12/26 23:18
今日はtakakoのお母さんと話ができてよかった。
Dちゃん、ありがとう。
でぱったり、へこんだりだけど、きちんと頑張りたいと思います。
体力も才能はないので、Dちゃんや魚屋さんみたいに勘では動けないけど。
来年はね、夏にトラバースルートと竜頭峰を下って、冬に挑みたいと思いますw
軟弱なんで、天気よい時だけね(笑)
あめやん
2010/12/26 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ヶ岳 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる