雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 星☆穴

<<   作成日時 : 2010/11/16 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


どれだけの月日がたったのだろう・・・
あの山の姿をみて、いつかあの穴の中をくぐってみたいと思ってから・・・

調べてみると妙義に登ったのは、1994年の春のことだった。

妙義の異様な山容に圧倒されながらも、表妙義・裏妙義を2日かけて縦走した。
その時に目にしたのが、山の中腹にあく大きな穴。
横には小さな穴。
バットマンを連想させる、怪奇な風貌・・・

画像

<この写真は下仁田ファームさんの下仁田の風景からお借りしました。>

いったい、あの山はどうなっているのだろう・・・

アタシの心を打ったその山の名は星穴岳。

当時から立ち入り禁止の札が立っていたように思うが、事故が多く、その後岳人で何回か登った記事を見かけ、いつかは・・・と思っていたが機会は全然訪れることなく・・・


でも、こころの片隅にはいつもある・・・そんな印象的な山。



**********

突然!機会は訪れた。
11月初め、なぜか、ケモケモからメールが。

「星穴で星を見ながら鍋宴会しませんか?メンバー募集中!」

ケモケモは、よく人を見ていて、連れて行けないレベルのメンバーを無責任に誘ったりはしない。
だいたい、アタシにお誘いかけてくれるなんて、あり得ないことだ。
今回2度目。
1度目はtakakoの追悼登山だったからそれなりに理由がある。
けど、今回はアタシが「何があったんだ?!」と思うくらい「どうしたの?あたし誘ってええん?」
よっぽど、端境期で息抜きしたいんか?と思ったり・・・
とにかく、アタシはどうやら、星穴メンバーの条件はクリアしているようだ。
昔から思ってきた山だけに、その難易度レベルは把握している。
ケモケモには宴会鍋山行でも、あたしにはたぶん実力いっぱいいっぱいの山のはず。

ただ、この機会逃すもと、もう一生行けないかもしれない。
チャンスが向こうからやってきたのに、逃す手はない。
当初2週目に予定していたスキー練習をヤマさんには申し訳なかったが延期してもらって、星穴に行く体勢に入ったものの、例によって強力メンバーなだけに、足を引っ張るのは必須。
それに、第一どこから登るん?

「星穴沢から登るつもり」

沢かあ・・・
どの記録みても、下っている。
下っているつうことは登れるとゆうことなのだけど、でも懸垂で下っている。
登れんのか?

ふむ・・・
どうしよう・・・

日曜に返事するといいながら、月曜にもまだ決めかねていて・・・

決めた結論が・・・
最近ガイドさんがお客さんをつれて入っている星穴の2つの穴巡りなら行きたいと返事した。

そしたら、なんとコース変更して、中之岳神社から西岳経由で、穴巡り中之岳神社へ戻るとゆうコースに変更になった。
それならたぶん行ける。

******************

金曜の夜、夜行バスで京都を出発。
ららんで待ち合わせるが、アタシは4時半着。
みんなが来るのは8時。
ぼんやりと過ごす・・・

8時。
みんな集合!
さて、鍋の材料を買いだしして出発。

画像


食料を分けようとすると、
「それは、アメヤン一人で持って」

なんだとーーー!

鍋の材料は重たい。
一人で持つなら家から準備してくるわい。
優しいへべさんが、一つ包み持ってくれたが、最初の急坂でへべさん「重たい」とねをあげたら「そんなんアメヤンに持たせりゃいいんだよ」と食料のかわりに水が3リットル帰ってくる。

画像


計画書に「アメヤンは個人装備だけでOK」って書いてあったので、彼らも優しくなったなあと思ったが、そんなはずはなかった。
いつも通りの彼らであった。

シブシブ水持つ。
まあいい。
自分のトレーニングだ。
そのかわり、ただでさえ遅いのに、どんどん遅くなる。
開き直る。
ゆっくりいくもんねーぷんっ

こんなのは全然怖くない序の口の鎖場
画像


西岳には簡単な岩場を登って到着。

が、ここからの下りは怖かった。

根本がぐらぐらな木を頼りに斜面を下り
画像


ロープがあろうと落ちたらお終いな切れたった岩場は怖い・・・
画像


時には懸垂・・・
画像


転げおちそうな急斜面をくだり・・・
画像


どんどん進むと・・・
画像


ケモケモがゆうていた岩小屋に到着。
画像



そして、鍋宴会!
何故かカツオのたたきまで持ち上げてましたがな・・・

誰や〜入れたの!

楽しい宴会だった。

寝床の傾斜には閉口したけど(笑)


***************

朝・・・
確か、6時出発ゆわんかったっけ?
けど、起きたの5時。
まにあわへんやんな。

まあ、のんびりしたもんである。

ラーメンの朝食をのんびり食べていると、日帰りでコチラへ向かっているパーティーの声が聞こえてきた。

わあ。
追いつかれるで・・・

はよ出発せにゃ。
声に追われながら出発。

そして、いきなりえ狭いトラバースをずーーーと行き、切れ落ちたところで壁を登ると・・・

画像


ありました!
懸垂下降の支点が!

画像


おお!ここだ!射抜き穴への空中懸垂。

まずけもけもが空中に消えて見えなくなります。
画像


続いてぬ氏。
へべ氏・・・。

下から、うぉーーとかわーーーとか声がします。

画像


噂の空中懸垂(笑)

アタシ
上から・・・
画像


下から・・・
画像


きむち

画像


荷物を背負っての空中懸垂、少し心配でしたが、ま、なんちゃない感じですんなり。
降りたところが射抜き穴。
星穴岳の小さい方の穴です。

画像


もう・・・
感動・・・

穴の向側には相馬岳が正面に見えます。

すぐに、次の懸垂の支点が目に入ります。
今度は50mロープいっぱい。

立木に支点を取るけど、ミシミシ音がします。
ひえーーーー
だからといって、ペツルも怖い・・・

ケモケモ降りていきます。

ここは、長い・・・

さっきと同じ順番で下降・・・

画像


画像


長いです・・・
でも、空中の浮遊感楽しい(笑)

画像


降りたったところから少し登り返すと結び穴があります。

画像

星穴岳の大きい方の穴。
穴の名前には諸説あるようですが・・・

星穴の穴とご対面!

画像


言葉がありません。
ほんとうにココまで来れるなんて。。。
しかも、大好きな仲間と一緒に。

今日は高曇りで、紅葉の色はいまいち冴えないけど、そんなことより、この星穴の穴にアタシが立っている・・・それだけで満足です。

本当にありがとう。

穴でゆっくり休憩してから、下りにかかります。

うしろのパーティーが懸垂してきました。

結構たくさん人が入っているのですね・・・

50m懸垂の壁はこんなところです。
懸垂下降点には、また次の別のパーティーが見えてました。

画像



あとは踏み跡拾って、林道へ一直線。
滝があるとある記録には載っていましたが、うまく巻いたのかロープは使うことなく下の林道まで出ることが出来ました。


***********************

ほんま、「何の役にも立たんねんから、食料ぐらい持て」・・・と言われながら(笑)
この前は「ペラペラ喋っとらんとさっさと歩け」言われたし。

いつもぼろくそやけど、いいんです。
そんなこと。

このメンバーで星穴行けたことが幸せ。

感謝してます。

けもけも、リーダーありがと。
ぬ氏へべ氏きむち、一緒に歩いてくれてありがと。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
念願かなってよござんした。
高所恐怖同盟にはとっても怖〜いアスレチックでした。
それより二日酔いライン手前迄呑めたのが幸せ〜。


2010/11/16 10:22
長距離遠征おつでした。
次回はスキーのテントで飲みましょ。
早けりゃ来月かな?

2010/11/16 11:50
星穴1泊だからね。多少トラブっても、なんも問題ないのよ。
あめやんが星穴行きたい言うてたのを覚えてたから 誘わんと恨まれる思うたんですわ。現状のあめやんでは、あえてぬるくしない限りは、同行は厳しいですな。

2010/11/16 12:05
ぬ氏
みんなのおかげで念願かなったわヾ(^▽^)ノ荷物重かったから、日帰りでええのに…とも思ったけど、やっぱり山の中で飲むほうが楽しいね!ま、翌日のこと考えなアカンけど。ありがとねー!
あめやん
2010/11/16 12:51
へ氏
いやいや、カツオ旨かったね(笑)ツバスは無くてよかったか悪かったか…ま、この程度の体力なんで、また、スキーで置いていかれるやろうな…
けど、あきらめへんで!
あめやん
2010/11/16 12:55
け氏
星穴覚えててくれたんかー!ありがとヾ(^▽^)ノ
そんだけ、ようモノ覚えてるのに、なんでヘルメットや靴や忘れるんやろね(笑)
ま、あたしなりに頑張ります。もう少しはなんとかせにゃ…。
0級の沢は誘ってね。あれ、行きたかったわ〜。
時々、行きたいとこ呟いとくわ(笑)よろ。
あめやん
2010/11/16 13:08
斜めのとこで寝ると、けものーな感じがして いいっすよねー

2010/11/17 00:25
か・・・か・・・か・・・
かず?
わかんないよー
斜めはずり落ちて、きむちを直撃し、直撃すると崖下へ蹴り落としてしまうので、何度も何度も起きてはずりずり這い上がってました。
なので、あまり眠れなかった・・・
あめやん
2010/11/17 00:36
星穴、怖いですね。写真見てるだけでソワソワしてしまいます。
そろそろスキーシーズンです。どっか行きましょう!
山崎
2010/11/20 09:20
あいかわらずのヘタヘタを再確認しました…
板つけると、登るのもさらに遅いし…
また、一緒に滑ろう!
あめやん
2010/11/21 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
星☆穴 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる