雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 錫杖から雨のため転戦、宮崎県・比叡山の岩場

<<   作成日時 : 2010/10/12 11:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


10月の連休、お山の学校の修了山行で錫杖岳の予定だった。
ところが・・・
最初からあまり良くなかった天気予報の雨の確率が、日が近づくにつれて、どんどん上がっていく。
とくに、肝心の日曜が悪い。

どうするんだろう・・・

と、思っていたら出発前日の木曜に

「場所を、九州、宮崎県の比叡山の岩場に変更します」

とメールが流れてきた。
ひえ〜〜
オヤジギャグを言っている場合ではない。

バスで10時間・・・
遠い。

しかも、初日はどう見ても雨・・・

間が悪いことに、木曜に食料の買い出しをしていて、買い物カゴにお米やらビールやら重たいものを入れて手にぶら下げていたら・・・グキッ・・・前回痛めたのとは反対の右の腰を痛めてしまった。
これでは登れないし、食料をバスの所まで持って行けるかどうかも危うくなってきた。
でも、6人分の食料があるので、這ってでもバスまでは行かねば・・・

どうしよう・・・と思っていたところへ
金曜当日の夕方16時、N井班長体調不良につき欠席の連絡が。
前日、行き先変更時点でコーチの方も1名不参加を表明されており、ここへ来てパーティー編成から動かさねばならなくなった。

「ロープ持ってきてください」

と言われたが、当初ロープが無いつもりで、食材を買い込んでいたために、結構重量のあるものばかり。
そこへきて、腰を痛めたのでバスまで行けるかどうか。。。
無理・・・
けど、ロープなければ登れないし・・・
本部スタッフの人数が減ったので、食材を減らし少し軽くして、ロープを持って行くように準備していたところ、車を出してくれるスタッフがロープ2本持ってきてくれるとのこと。

よかった・・・
言葉に甘える。

***************

ドタバタの出発準備を終えた頃、こんどは雨が降り出す。
大きな荷物を持って、雨の中家を出る。
バスに乗るまでに、ビショビショ・・・

ま、それでも22時には出発した。

明日はきっと雨だろう・・・

***************

朝、起きるともう熊本県にきていた。
雨は本降りで、今日は登れそうにない。

ファミレスによって朝食をとり、温泉に入ることになる。

日之影温泉。
廃線の駅舎にある温泉でなかなか風情ある。
湯もつるつるになるよい湯。

http://www.hinokage.jp/web/kankou/onsen.html

いきなり、まったりモードなのである。
ま、今日は北海道以外は雨だからしかたない・・・

画像


温泉を12時頃に出発、バスを降りて本日のお宿予定地へ向かう。

歩いているうちに、雨はあがり、時折青空ものぞきはじめる。

画像


おおーーー!
大きくてすばらしい岩場だ。

登りたーい!

アタシは12日まで休みなので、この時、12日まで残るとゆうてたA木コーチとK野スタッフと一緒に残ることに決め、10日は本部で無線傍受係に専念することにした。
12日までいれば、1日半存分に登れるし。

楽しみ!

時間もたくさんあるので、岩場の取り付きまで確認に行く。

画像


その後、大宴会

広島の三倉の岩場を開拓しておられるメンバーの方が4名来られていた。
そうそう、去年の秋になっちゃんとまるいさんとニャミさんと一緒に餃子を食べに行った時、三倉がホームのhoriさん来られていたな・・・お仲間だろうか。

***************

夜、寝ようとした時、今まで気にならなかった腰が、ズキズキ痛み出す。
寝たら治るかと思って、寝ようとするが、心臓がドキドキするほど痛い。
まるで頭痛のズキズキが腰にあるような痛さ。
眠れない痛みなんて、盲腸の時以来だ。
あまりの痛さに、一度起き上がり、普通のシップからロキソニンのシップに貼り替える。
この痛みでは12日までここにいても登れないなあ・・・
早く家に帰ったほうがいいのかも。

そんなことを考えていたらいtのまにか眠っていた。

***************

痛くて目が覚めた。
4時起床。

みなそろそろ朝食の支度をしている。

A木コーチとK野さんに「やっぱり延泊は無理です・・・」と断りに行く。
A木コーチが一緒に登ってくださるなら、どこでも行けたのに・・・ホントに残念だ。
でも、こんなに痛くては、あと2晩テントで夜を越せないかもしれない。
そうなったらもっと迷惑かけるし。

今回は、そもそも練習不足だった。

とてもじゃないけど、大きな岩場を登れるようなクライマーには、アタシは仕上がっていない。

モチベーションも低い。

その上、腰痛めた。

そだな・・・・今回はあきらめよう。

今回は本部にずっといて、みんなが安全に登れるように、無線交信しよう・・・と。

まだ暗いが、5時半に最初のパーティーが出発した。
6時・・・続々・・・

ニードル左稜線3パーティー、1スラ3パーティー、1スラスーパー1パーティー、2スラ1パーティー、TAカンテ2パーティー、3NK1パーティー。

なかなか、迫力ある。
みな取り付きはじめる。

下の道からは1スラ2スラのパーティーがよく見える。

画像


画像


一通りみな1本の登って降りてくると、2本目にとりつく。
ニードル左稜線3パーティー、1スラ4パーティー、1スラスーパー1パーティー、2スラ1パーティー、3KN2パーティー

さっきまで、下でアタシと一緒に留守番してくださっていたM浜コーチが、T岡コーチとスーパーを登ってるのがよく見える。
9月には2人で屏風登って来られたらしい。

画像


なかなか爽快な景色だった。

いや・・・組織とか団体とか・・・・ややこしくて面倒くさくて、いろいろ思うところはあったのだけど、出発前日に行き先変更になって、天気を運にまかせて、あまり馴染みのないこの比叡の岩場に来たけど、それでもこれだけのパーティーがどのルートでも登れることに、私はすごく感動した。

コーチの方々はみな60才前後。
20代からアルパインを続けておられるその精神と肉体は、普通のその年代の方々とは比べものにならないくらい屈強だが、それでも、そろそろ腰が痛い・・・膝が悪い・・・とゆうてはる。
後に引きつがねばならないと思っておられることだろう。

組織なんて・・・と思うこともたびたびあるのだが、この風景はそんなアタシにまた違った思いを抱かせた。

これを引き継がねばならないのではないだろうか・・・

単体の山岳会では、なかなか技術の伝承など難しい昨今、経験豊富な先輩を一緒に登れる機会はそうない。
しかも、コーチの方々は山が好きで、釣りもきのこも詳しい・・・

うーーーーん。

今まで否定してきたものを、少し考え直してみょうと思った。
そんなことを思わせる、美しい岩場と楽しそうに登るみんなであった。

***************

17時全パーティー、事故無くケガもなく帰ってきた。
よかった。

登れなくて残念だったし、今後のぼる機会があるのかどうかもわからないけど、とにかくアタシはこの比叡山が大好きになった。

画像


山よ、ありがとう!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あら、また腰やっちゃったのね。
cd
2010/10/12 18:30
ういっす!
たぶん・・・たぶん・・・たぶん・・・・・・・16日には治っているかと(笑)
まったく、今年はあきませんわ・・・
ケガしないようにがんばりまふ。
あめやん
2010/10/12 19:26
いつもtwitterありがとう。
す、すごい〜!こんな世界があるなんて。感動!
腰、はやくよくなるとよいね。そんでもって、
くみちゃんの登る姿のUP、楽しみにしてます。
ViVi
2010/10/13 08:09
viviちゃん、おはよ。今年は岩がダメダメだったので、冬はスキーに専念。来年また頑張ります。
あめやん
2010/10/13 09:20
なんとまあ九州でっか?しかしまあ宮崎迄大遠征しても
相変わらず登れないオンナ継続中のようでんな。
ほんまあっちもこっちもケガ人ばっかしやな。
まあでもそれなりに年寄りやからしゃあないで
ケガや病気は上手につき合うしかおまへんわな。

2010/10/13 10:10
ほんまあきませんわ〜
宮崎、ええとこでした!今回は、登れたとしても、本部せなアカンかったから、しかたなかったけど、11〜12日の延泊できなかったのは悔しかったです。あとの、2日の方が天気も良く、任務も解放されて、自由やったのになー(T^T)
しょぼん(´・ω・`)
あめやん
2010/10/13 12:12
腰大丈夫ですか?
みんな3連休は大遠征だね〜。


2010/10/14 07:20
おは!
だ氏は本日神田で宴会でしょ
来週なら、あたしも東京おったのになww
そのうち、平日遊ぼ。

腰は・・・いまいちです。
あーーー登りたい。
あめやん
2010/10/14 07:34
ごっつい岩場ですねえ〜
宮崎ですかあ〜
地鶏食いにいきたいです。
ことしは故障者続出ですねえ。
でも毎年だれかやってるか・・
お大事にしてください〜!!

2010/10/17 19:07
ココ、すごくステキなとこでした。沢もええと思います。王子は昨日は自転車?肋骨はよ直るといいね〜
あめやん
2010/10/17 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
錫杖から雨のため転戦、宮崎県・比叡山の岩場 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる