雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS リベンジ!黒部源流・赤木沢

<<   作成日時 : 2009/08/31 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 12

去年の赤木沢は、雨・雷・ガスと三拍子そろった悪天候だった。


救いは、遡行中はなんとか天気がもったこと。
でも、夢のような源頭のお花畑は夢と消えた。

今年、なっちゃんから「行きませんか〜」と誘われたとき、「行く!」と返事としたのは、夢のようなお花畑を見たかったからである。

なのに・・・・

出発の日。
北陸自動車道は土砂降りの雨。
雨の水膜に空回りするタイヤ、ワイパー全開で走る車に中で「明日もう無理・・・」とあきらめ気分。
そんな悪天の真夜中、運転を交代でしてくれる、なっちゃん、タムタム、M山さんに感謝。
ほんますごい雨やった・・・

ただ、この雨が前線の雨で、通り過ぎれば晴れるかもしれない・・・というかすかな望みのみ。

が希望に反して、有峰林道のゲートに着いた4時ころにも土砂降りはおさまらず、このまま行けば林道も通行止めになるのでは・・・というくらい雨が降っていた。

こうなったら、10時まで寝る!と決めて、みんな登山口に駐車した車内で爆睡。


1日目(8月29日)

9時ころ、もそもそ起きて顔を洗いに行ったなっちゃんが、知り合いがおる〜とゆうて帰ってきた。
なんと!
MATさんとこのK会のTさんとM君。
で、初めてお会いしたがTさんは、うちのJelly班長とも山仲間なのである。
そして、今日我々のチームに加わっているM山さんは、K会と兄弟会のSクラブの方なのである。
山の世界は狭いですねえ。。。

お二人は縦走らしい。
「な〜んや。知ってたら一緒に沢に行けたのにねえ。」と
9時半、小降りになった雨の中を出発する2人を見送る。

さてさて。
我々も行きますか。

と決めた時間、10時に登りはじめると・・・


雨がやんだ。

わあ〜ラッキー!

画像


待ちにまった青空と白い雲

画像


でもすでに風景は秋色

画像


タロウの小屋も秋色の中

画像


テンバのテントももう数えるほど

画像


1日目はゆっくり、なっちゃん作の美味しいチヂミをいただき、ビール飲んで過ごす。
山に抱かれて過ごす時間はホントに幸せだ。
明日、楽しみ〜


2日目(8月30日)

朝3時半に起床・・・と思っていたが、結局4時に起きる。
出発5時。

快晴かと思ったが、なかなか怪しげな雲が上空を覆う。

画像


やっぱ秋色のお花畑

画像


そして入渓地点の薬師沢小屋。
水量は普通で問題ないとのこと。
小屋着7時、沢装備付けて小屋発7時30分。

今日は、タムタムにコース取りをまかせることにする。
コースの修正&アドバイスをしてもらうために2番目なっちゃん、3番目沢初心者のM山さん、4番目私のオーダーで歩く。

M山さんは初心者とはいえ、トレイルランをされていて、ダイトレを6時間台で走る脅威の体力の持ち主である。
それに、クライミングも会の方にしごかれているところらしい。

タムタムは沢が得意、なっちゃんの実力は知ったるところである。
そんな、気心しれた仲間で出発。

画像


ゴーロをゆくみんな。

画像


去年はなんどか徒渉して右岸左岸を河原めざして歩いたが、今年はすべて左岸通し、へつって遊ぶ。

画像


出会いはいつも美しい。
9時。

画像


赤木沢に入ってすぐの赤いナメを歩くみんな。

画像


最初の滝。
9時10分。

画像


9時15分。
画像


9時30分。
画像


9時50分。
画像


大滝に10時30分に着く。
前をゆくパーティに追いついてしまった。
なにやら難しそうに登っている。
岩壁側をロープ出して登っているので、時間がかかっている。
ココは去年死亡事故の起きている場所なので、やはりロープを出そうと思ったら出したほうがよいところだ。

その様子をみて、タムタムとM山さん、ややビビった模様。
「この壁登るんですか・・・他に道ないの・・・」ゆうてはる。

でも、去年ここ登った時、そんなに難しくなかたんだけどなあ・・・
それに岩の方を登らなかった気がするんだけどなあ・・・

なっちゃんにトップをいってもらう。
やっぱり、しっかり踏み跡があり、枯れ木と浮き石に注意すれば、そんなに難しくない。

前のパーティがまだ登り切っておらず、巻きの途中で待つはめに。
もう少し、下で待機しておけばよかった。
反省・・・
不安定な場所で待つ方が怖かった・・・

そんなこんなで、今回私は大滝の写真を撮りそびれてしまった・・・
上部のみ。

画像


10時50分。
大滝を登りひとつめの支流の流れ込んでくるあたりで、ちょっと早いがお昼ごはん。
葉っぱのついたお箸で焼きそば食らう私。

画像


つめのお花畑へ
12時50分。
画像


稜線へは今回も13時着(笑)
去年は雨でお湯わかしたりせずに登ったので早かったが、今回はゆっくり休憩し、お湯を沸かして焼きそばつくったりお茶飲んだりしてたので、少し時間かかったかな・・

稜線へ上がったところで、またまたK会の2人組にばったり出会う。
昨日は薬師に登ったので、今日は黒部五郎までピストンしてきたらしい。
なんやかんやおしゃべりして、稜線を歩き出す。

去年は全く見ることのできなかった赤木平のたおやかな風景

画像


だんだん晴れてきて、アルプスの主稜線が姿を現わす。
雲の平方面

画像


薬師岳

画像


去年は2時間半で歩いた稜線を

ほぼ4時間かけて、のんびり景色を楽しみながら歩く

美しい風景に満足した山旅でした。

この夜もビール。
楽しい仲間と美しい北アルプスの山にカンパーイ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
めっちゃ、たのしかったね。あんがと〜^^
また行きましょう〜次は、泊まり沢やね。
沢もいいし、アルプスも、もっと高度順応して体力つけて、
もっと行きたいかも♪

で、あまりの報告の早さに、びっくりしてます。すご!!!
なつ
2009/08/31 23:46
こちらこそ、楽しかった〜!!!
楽しい沢旅とおいしいご飯をありがとう

やっぱ、情報は生ものなんで(笑)
写真のアップがあとになってごめんね〜
明日メールするね!
あめやん
2009/08/31 23:50
今年も行ったんですね〜。
脚痛くならんかった?(笑)
一年経つのが年々早くなっているでし。
僕も赤木沢行ってから一年経つんだなぁ。
だるりん
2009/09/01 07:53
なんか、だるりんのコメント、じいさんぽい(笑)

去年はお盆休みに行ったんやけど、たった半月で風景の季節感がまったく違うんでビックリした〜

山は秋やったよ。
あめやん
2009/09/01 08:11
寝起きだったんで許してたもう
だるじぃ
2009/09/01 09:10
やっぱ、赤木沢は王道やね。綺麗やわ〜

けど、そろそろ奥美濃の藪沢も恋しくなってきた…
あめばぁ
2009/09/01 09:29
満開のお花畑もいいけれど、ぽつぽつとけなげに咲くと、ひとつをじっくりみれますね。茶色いサンダーバードにも会えたし(^O^)/
タムタムのルートどりは、自分と似てるので、安心でした。どこが似てるって、安全圏はアグレッシブトライで遊んで、落ちたら危ないとこはびびって控えめなとこ(笑)こだわりの、オール左岸、タムターム、ナイスルートファインディング♪で楽しめました\(^_^)/
なつ
2009/09/01 10:33
庭園散歩楽しめたようでなにより。
お魚は無しでっか?
ぬぬぬ
2009/09/01 11:36
〉なっちゃん
ほんと、タムタムは沢上手やね。経験積めば、難しいとこでも行けそう(笑)
がんばってもらいましょう〜

走るM山さんも、めちゃめちゃ早かったな〜
あたしも、そろそろランニング再開せねば。
あめやん
2009/09/01 13:40
〉ぬぬぬさん
魚さん、前に何パーティーか歩いてたみたいで、影も見ませんでした。
釣りはやっぱり越後国以北がステキやね〜
また、連れて行ってください(≧∀≦)
あめやん
2009/09/01 13:44
私もお盆に赤木沢に行きましたよ。ナメがきれいだし、ツメの草原も気持ちいいですよね。大滝は手前のカンテ状の岩を登ったんですか?私達は、大人数が順番待ちしていたので、その手前のルンゼから巻きました。ルンゼはロープをだすこともなく簡単に巻けました。私達は2日目も薬師峠泊まりでしたが、あめやんさん達は2日目に下山ですか?
NF
2009/09/01 23:18
NFさんのブログも見てから行きましたよ〜(笑)
大滝は去年も今年もカンテ状の岩登りました・・・ってゆうか、取り付きはカンテ状の岩を登るルートと一緒なんですが、左に岩に出るところで右にも踏み跡があって(手前のルンゼってココのこと?)、ロープ無しで木をつかんで登れるんです。
私らもロープ出さないで簡単に登ったもんで、間を空けて登ったつもりやったんですけど、ロープ出してた先行パーティが登り切る前に追いついちゃって・・・
しばらく待機してました。
前のパーティの方が「遅くてすみません」と謝ってくださいましたが、あの大滝の巻きはロープが必要なパーティはロープ出さないと危険なところなので、謝ってもらわんでもいいのに・・・と思ってました。

2日目もテントに泊まりましたよ〜
最初は降りる??とかゆうてましたけど、車の運転する人がしんどいのと、せっかく登ったのにもったいないのと・・・

なので、しっかりテント場で宴会しました〜(笑)
楽しかったです〜!!
あめやん
2009/09/01 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
リベンジ!黒部源流・赤木沢 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる