雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS 大和谷ロクロ谷の核心部は下りなのよ〜

<<   作成日時 : 2009/08/19 02:26   >>

トラックバック 0 / コメント 15

その声はこう聞こえた。

「大丈夫。何回も降りてるから問題ない。」

*****池木屋山から東尾根*****

池木屋山山頂は、ガスのため展望無く、カップラーメンの昼食の湯を沸かそうとした魚ヤさんは、鍋を忘れて湯が調達できず。

「ゆっくりご飯食べてる暇はないで」的な暗示か。

3時になろうとしているので、早々に下りはじめる。

穏やかな自然林の東尾根の風景と、下りやすい道に
「下りって2時間くらいかなあ〜〜」と思ってしまった私。

しかし、仮にも1000mほど登ってきているのだから・・・あとで大間違いであることに気づかされるのだが。

10分ほどで焼山ノ尾への分岐をわける。

その先には大台ガ原みたいに枯れ木の林がある。
画像


ガスが少しだけ上がった瞬間に、焼山谷の源頭部が眼下に広がる。
画像


*****試練の道へ*****

30分くらい歩くと1332mのピークから南へ折れて、1243mのピークへ続く尾根の分岐。
稜線からはポコンとした1243mピークがよく見えたのだが、樹林帯に入るとピークはどこへ???
小さな尾根が何本もあるので、結構ルートファインディングが難しい。

最初の鞍部への下りで、一回方向修正する。

さて、なんとか1243mのピークに到着。

とにかく地図に道の無いルートなので、魚ヤさんの経験だけが頼りだ。
「ここは、ルンゼを降りて、あっちのハゲ山のピークの方に一回降りるねん」

そか。
了解。

でも・・・なんとなくやけど、1243mから素直にそのまま一番高い尾根降りた方がええような気がするねんけど。
きっと、違うとこへ降りなあかんねんな。

と思ってついて行くと・・・・・

突然、魚ヤ氏の発言

「まよたっ!!!」

・・・・・・・・・・
いま、なんて言った?????
迷ったって???

・・・・・・・・・・
1243mのピークからはかなり降りてきてるし。

魚「こんなはげ山を降りたような気もするし・・・でもあっちの尾根のような気もするし」

記憶がどうも定かではないようだ。
そんなら、登りかえそう。
で、あっちの尾根にトラバースしてみたら・・・

というわけで、トラバースはじめると、薮のはずなのに、きっちりと踏み跡がある。

私「これ、道やん。なんでこんなとこの道ついてるん?」

道をたどって行くと、やっぱり1243mピークからの尾根通しの道に合流。

この踏み跡、かなり踏まれていて、明らかにしっかりした道だ。
しかも、わりと最近に巻かれたらしい赤いテープが要所要所で目にとまる。

私「これ、この赤テープ目印にしたらええんちゃうん。」

さて、尾根を進んでゆく。
魚ヤ氏、ズンズン進む。

あれ?踏み跡の落ち葉がやわらかい。
さっきまでとちゃうで。

私「なあなあ、これ行きすぎてるんちゃうん?赤いテープ無いし。右へ曲がらなあかんのちゃうん?」

魚ヤ氏、あってるゆうてズンズン進んでいく。
魚「ほら、テープあったで」
私「それ、白テープやん」

ズンズン
ズンズン

なあなあ、ここちゃうって・・・
なあなあ
ぜったいちゃうで、これ

なあなあってば!!!!


またもや突然の魚ヤ氏発言

「あっ!!!!!!」

右手の谷の向こうに見える尾根を指さして

「あっちや!あの尾根や!」

・・・・・・・・・・・・・・・

だからーーーーーさっきからあんだけゆうたやんか。

ココは危ないところやった。
そのままいったら、絶壁突入やった。

魚「オレ気がついてエライ!」

確かに。
ここは、とても難しい。
何回か下っている魚ヤ氏やから、尾根の形みて気がついたけど、さっきまでみたいにガスかかってたり雨降ってたら、まっすぐ行ってしまってたかも・・・

さて、軌道修正して、右に見えていた尾根に入る。

しっかり赤テープがあり、踏み跡も明瞭だ。
降りていくと、右手の少し下に古い伐採用モノレールが見えた。

なのに・・・

魚ヤさん、またもや尾根通しにまっすぐズンズン進んでいく。
踏み跡がまた少し怪しくなっているにもかかわらず。

時間はすでに5時半をまわっていた。

ここで道を見失うと、日暮れまでに下に降りることが出来なくなってしまうのに。
なんで、赤テープと踏み跡をちゃんとトレースしてくれへんのやろう。。。
と、なんか腹がたってきた。

私「さっきのモノレールのとこを右に下らなアカンのやと思うで」

魚「ここでも行けるって」薮をかき分けおりていく。「ほら、あったで」

ここで、アタシも音がした
ブチッ!!!

「あったで・・・って何があったんよ。あんだけしっかり着いてる赤テープも、明瞭な踏み跡でもないやんか。絶対モノレールのとこやて。」

日暮れまで時間があるならいい・・・でも、もうそんなに余裕はないんやから、確実に下らんと・・・
冷静にゆえばそういうことなんやけど。

実際は切れていたので

「なにやってんねん!!!」

的なけんか腰発言でした。

アタシがマジギレしたので、魚ヤ氏シブシブ戻ってくる。
以降、険悪なムードを漂わせながらも、モノレールの軌道を頼りにくだり、伐採の作業小屋あとをとおり、急な傾斜を下り、地図に出ているハイキング道の六丁峠に到着。

なんとか日暮れ前におりてこれた。
あとは、朝歩いた川沿いの道を駐車場へ。

やっと到着。

駐車場着、7時ちょうどやった。
下りに4時間強。
谷に降りれば、どの谷も大きな滝がかかり、尾根をひとつ間違えば絶壁の上に立つことになる、そんな下り道を、この時間で降りれれば、まあええ方か。
いやいや、無事ついてよかった。

*****ヒルヒル*****

着替えをする時には、もう真っ暗。
何も見えないので、いつもならヒルチェックするんやけど、そのままビニール袋にすべてを回収。

もう、この時間になると、JRの京都からの終電に間に合う時間に着くかどうかの瀬戸際である。
温泉はあきらめ、途中渋滞にドキドキしながら、京都へ。

途中、トイレで血まみれな自分を発見して、あわてふためいた・・・
以下は前出のブログどおり・・・

*****総括*****

ロクロ谷は綺麗な谷やった。
そんなに難しいところもなく、適度に面白かった。
中でも大滝はほんとうに美しい滝やった。

下りは、帰ってから、いろんな人の記録みたが、みんな苦労していた。
とくに焼山ノ尾を下ると大変・・・というのは、魚ヤさんが言ったとおりだった。

今回も苦労はしたけど、やはり魚ヤさんが何回か下っているので、ちゃんと下れたんやと思う。
崖のゲジゲジマークが、縦向きに5本も入っている尾根の弱点を下るのやから、難しくてあたりまえや。
今、思い出せば、あたしらなかなか上手く下ったやん・・・と思う。

下りもゲームみたいやったなあ・・・

しんどい思いして「もう来いへん!」思っても、ボロボロになっても、ヒルに血吸われても・・・
それでも、また

「沢登り行こう!!!」

て思ってしまうのよね〜〜
それくらい、沢の魅力はすばらしい。

魚ヤ氏、怒ってごめんね。
でも、楽しかったよ!
充実した一日をありがとうございました。

画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
なにやら楽しそうやな。
TAKE IT EASY !
ぬれりん
2009/08/19 14:54
なんか、おもしろかったよー(笑)
もう一日あれば、断崖絶壁の上でビバークしたいところやってんけど。
やっぱ、大人やからそうも行かず・・・
翌日仕事やったもんで、はよ帰らな・・・というサラリーマン根性が働いてしまいましたわ。
あめやん
2009/08/19 15:20
お疲れ様です。あめやんさんまで怒らせてしまいましたね。
ご迷惑でしょうが、また遊んでやってください。
山を下りてからは休肝日(金曜でした)を守らなかったので、ぎっちり私から
怒られてました。

くみ
2009/08/19 22:12
この複雑な尾根を無事下りて来れたことが、山慣れた二人の実力でしょう。すごいです!厳しい山は無理ですが、フリーなら付き合えますので、どこか行きたいですね。その前に、ロクガ(特にレディースセッション)の方に興味がありますが。
NF
2009/08/19 22:18
>くみさん
迷惑なんて、とんでもありませんよ〜
だって・・・たぶん、よっしーとかd氏とかと行くときより、かなり気を使ってはったと思います(笑)
魚ヤさん、気疲れしてかえってきてませんでしたか〜(爆)

やっぱ、強い人ですわ・・・
沢って山の総合的な力がいるので、私も2人で入る・・・となると、一緒に行く相手にはかなり慎重です。魚ヤさんは、山に対する勘もいいし体力もあるし、面倒見もいい人ですよ
私ごときの相手には、ホントもったいないです。
金曜休肝日やったんか〜〜!!すんません。一緒に飲んでしまいました・・・
くみさん、マンボウ食べに行きましょう(笑)
あめやん
2009/08/19 22:34
>NFさん
何をおっしゃいますやら。
NFさんならスイスイですわ。
フリー・・・とにかくイレブン登れるまで頑張ります!
イレブン登れたら、あきさんと一緒に外岩へ。。。
岩、教えてくださいね〜

今週末は名張のMCなんです。
クラック登れるかなあ・・・
もう少しあぶみがうまかったら、ライオン岩のハングやったと思うんですけど、やっぱりあんまり腕力ないので・・・

あきさんは、ほんとに素敵な人なので、金曜以外でもいろいろ教えてくれますよん。金曜のレディースセッションは20時からなので、ぜひ来てくださいな!
でも、NFさんは、入れないからね(笑)
あめやん
2009/08/19 22:43
レデースセッション、わたしも行きたい〜\(^_^)/
お疲かれさんの理由が、プログよんでわかりました〜でも楽しそうね!!
今日はみんな満身創痍やったね〜元気あれば閉店まで登ったんやけど。昨日の池郷が面白かったので、お疲れで気分がまだぽよよ〜ん(ρ_-)oでしたわ(^_^;) 水量おおいね〜
なつ
2009/08/20 01:12
>なっちゃん
昨日はおつかれさまー
なんか、もう心は沢なもんで、あぶみでがんばる気力が・・・
でも、学校行ってるおかげで、滝登るのがあまり怖くなくなりました。
ロープ操作もマシになったし。
やっぱ、何事も練習大切やね〜
はやくリードして、同期のみんなとつるべで登れるようになりたいな。
そうせんと、どっこも行かれへん。一緒に行く人がおらん。

ロクロ谷楽しかったよ〜〜
あめやん
2009/08/20 07:20
あめやん、まいどー^^
練習の成果が活かせる登攀系の楽しい沢がいいね〜
池郷中流いこっか♪アブミやる気がでるかも(^^)ハングちゃうよ、垂壁やよ☆
なつ
2009/08/20 18:43
うん。。。
せっかく岩の練習したから、ホンマは一番行きたいんは、剣岳の八峰六峰Cフェース剣稜会かDフェース富山大やねんな・・・
北岳バットレスは相棒を確保してあるんやけど、来年かなあ・・・。

池郷中流って難しいんちゃうん(笑)
あめやん
2009/08/20 20:44
予定は光谷でしたか、失礼をば銚子川は全て大台の駐車場から入りました。
ロクロ谷は楽しそうですね・・・・蛭退散すれば。

前に焼山谷を一人で入った時は楽しかったので・・・ゴルジュで大きなアマゴを4匹も釣り・・・・2週間後かぁちゃん連れて入ったら蛭だらけで、ゴルジュに降りてから怒られて早々に引き返しました。

盆は尾上郷で遊んでいましたけど、自然が豊富で楽しい地域ですね。

なつちゃんの簡単は当てにならんと思うけどね
りんご
2009/08/20 22:00
やっぱ、なっちゃんの簡単はあてになりませんか〜(笑)

ロクロ谷はきれいなところでした。
大きい滝は、登れないけど。
次行くなら、ちょっと難しそうやけど滝の谷行ってみたいなあ・・・

奥美濃とか白山の谷は、人の歩いた形跡が少ないので好きです。
でも滝の大きさはやっぱ紀伊半島かなあ・・・
あめやん
2009/08/20 22:40
いいなぁ〜☆うらやまし(^-^)/
なにがというと、目標の岩があること。私は、岩のモチが地球の底やわ(笑) 今は純粋にクライミングの爽快感を味わって、また焚き付けから燃やしなおしやわ(^O^)/
なつ
2009/08/21 14:21
それは、絶対ロクガに行ってあきさんに会うべきやわ。

彼女は登れるから岩が好きなんじゃなくて、心底登ることが好きなんやと思うねん。

そんなピュアな気持ちに触れることが、あたしがへたくそでも登り続けられるようになった理由。「好きだ」って気持ち大事やねー(*^_^*)

あたしは山が好きだー!
あめやん
2009/08/21 16:00
文章て微妙なニュアンスが伝わらんかったりするのよね〜
アタシ的には面白く書いたつもりやけど、「たいへんやったねー」とかゆわれると、いかに文才が無いかを思う。
言葉は難しい。
あめやん
2009/08/24 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
大和谷ロクロ谷の核心部は下りなのよ〜 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる