雨もまた楽し

アクセスカウンタ

zoom RSS お持ちかえり・・・

<<   作成日時 : 2009/08/02 15:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ああ〜〜っ!!!!!!ヒルっヒルっ

なんと2匹も持って帰ってました。
でも、今日一緒に登ってくれた魚ヤ氏は、先週、洗濯機をヒルまみれにして、ヨメちゃんに激怒されたそうです。
そりゃ、そやわなあ・・・
アタシは自分で持ち帰っても、死にそうなくらい気持ち悪いのに。

それに、ヨメちゃん、たしか虫大嫌いやったはず・・・


というわけで、魚ヤ氏と沢登りへ行ってきました。
神崎川支流、谷尻谷〜北谷尻谷〜銚子ヶ口

画像


最近週末が雨模様で、しかも豪雨なもんで、天気予報に翻弄されがち。
今回も、実は日曜日は、チームyamanecoで神崎川本流水泳大会の予定やったのですが、天気とメンバーの都合で、場所変更の連絡が・・・

アタシは最初の神崎川の予定に合わせて、土曜日にやっと休みのとれた魚ヤ氏と谷尻谷遡行を決めていました。

実は、魚ヤ氏と沢へ行くのは初めてです。
でも、元d氏の相棒なんで、まったく不安ありません。
それに、なんとなく気が合うので、そんなに一緒に山へ行ったことないわりには、昔からの友人のような気がしています(笑)
私ごときへなちょこが、相棒で良いのか・・・

初めての谷が楽しみな反面、天気が気になります。

土曜日・・・
雨はふっていないけど、どんよりな天気の中を出発。
行く手の山には雲がかかっています。

テンション

魚ヤ氏、そんなアタシを見て「本流ショートカットして、谷尻谷から入る?」ゆうてましたが、やっぱ魚ヤ氏です。
川を見ると、川へ川へと進んで行きます。

本流は水量多く、徒渉で一ヶ所ロープ出してもらいました。
でも、去年フクちゃんとツメカリへ来た時よりは、ずいぶん少なかったです(笑)

去年のツメカリ

去年と同じところから入谷して、どんどんすすんで行きます。
去年結構高巻いたところは、水線通しに行ってみたり。
ボルダーちっくに登ってみたり。

画像


画像


画像


さて。。。
まだツメカリの出会いには来ていないのですが、魚ヤ氏右岸の高巻きを始めます。

???????

どこ、行くんやろ・・・
アタシはよくわからぬままついて行きます。

どんどん上がります。

まだまだ上がります。。。

私「魚ヤ氏・・・どこ行くのん?あがりすぎちゃうん?」
魚「そやな・・・なんか上がりすぎたな・・・おりよか・・・」

ところが、降りるの結構難しいんですよね(笑)
雨の後で斜面はズルズルやし。

はっきりいって怖い・・・よん。

アタシ、必死。
魚ヤ氏、スタスタ。

やがて、斜面は立ってきます。

懸垂で降りることに。
私「ロープ足りないんちゃうん?」
魚「行ってみるわ」

とルンゼの中に降りて行きましたが、
魚「あめやん、そっちの方から、2ピッチで懸垂し」という指示。

どうやら、ちょっと困難なようです。

アタシの方はしっかりした立木が何本もあるので、
私「わかった。降りる。」

ゆうて、ロープの向きを変えて懸垂します。

懸垂とゆうても、ロープの向きを考えて、自分が先頭で降りるのは初めてです。

こんなもんかな・・・
と、降りていったのはよいのですが・・・

あーーーーー!!!!

2ピッチ目をセットしようとロープを引きますが、ロープ降りてきません。。。。
    

所詮、お山の学校で学んだ技術はゲレンデのもので、やっぱ実践とは雲泥の差。
あんなに教えてもらってても、このありさまです。

魚ヤ氏が下から登ってきてくれて、助けてくれました。

はあっ・・・

反省です。
懸垂はロープのセットにも細心の注意を払わねばならないと。

まだまだ一人前じゃないなあ。
いつも、力強い友達が周りにいるから、楽しい山行できるんやなあ。。。とホンマ思いました。
魚ヤ氏をはじめ、いつも一緒に山や沢に行ってくれる友達に感謝!

ところで、この高巻きは時間ロスしただけで、そんなに意味なかったのです(爆)
でも、ええ体験になりました。

綺麗な本流は続きます。

画像


ここも水泳大会なら泳ぐにもってこいだと思うのですが、今日はとっても寒い。
ので、巻きます。
魚ヤ氏は、ここの両岸のトラバースだけやりに来たいなあゆうてました。
ここなら、落ちても大丈夫そうなんで、つきあうよん(笑)
ほれぼれするような、大きくて綺麗な岩です。
画像


いよいよ谷尻谷の出合が近くなってきます。

画像


アタシは神崎川本流もまだ上まで遡行したことがないので、時間の感覚があまりわからず、はたして今日は銚子ヶ口までのぼれるのかどうかが気になります。

魚「アカンかったら、尾根乗越してジュルミチ谷下ったらええし」

そやね。
やがて、11時谷尻谷の出合。
本流で結構あそびました。

ここの出合は威圧感のあるゴルジュ状です。
画像


登る人もいるようですが、とにかく今日は濡れたくないので、下流のルンゼから巻きます。
次のCS滝も綺麗。

画像


エエ谷です。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


1時間ほどで、北谷尻谷出合

画像


二又にある疎林はすてきなところ。
写真がぼけてしまい残念です。

画像


昔から炭焼きや鉱山として、人との関わりがあった谷だそうです。

画像

雨がきつくなってきて、雷もきこえてきました。
カッパを着たり脱いだりしながら登ります。

北谷尻谷は難しいところもなく、どんどん登る。
天気がよかったら、もっとゆっくり楽しみながら登れたのになあ・・・
いかんんせん、いつ土砂降りになるか、ドキドキな今日の天気。

魚ヤさんは、右俣左俣をよく覚えていて、これはこっち・・・と進んで行くが、アタシは初めての谷なので、地図とGPS見て「違うんちゃうん?」とか言いながら登る。

画像


とくに800mから上の谷の選択は、なんか狐につままれたようだった。
いや、タヌキは見たんだけど。。。

魚ヤさんの過去の記憶と野生の勘で、大峠にバッチリ出る。

画像


アタシのGPSの使いこなしと読図はやっぱまだまだだ。(笑)

稜線では雷の音が聞こえていたがときおり青空も見えたりする変な天気だった。

画像


画像


銚子ヶ口のピークを踏み、
画像


画像


画像


下りは最短コースの林業用レールをたどって、元来た道へ。
画像


最近、お山の学校三昧で休みに余裕がなくて、なかなか自然と戯れる沢登りに行けなかったのだが、久しぶりに自然を満喫できた。
やっぱ、沢登りは楽しい。
山のピークまで上がりきることも。

楽しかった!

ありがとう。
魚ヤさん。

魚ヤ氏のブログ









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はありがとう御座いました。
結局今日も同じような天気やね。藤川谷行けたんちゃう?
まあ、あの中華屋を全品試したい気がするからまた今度神崎のちゃう支流行きましょう。
魚ヤ
2009/08/02 20:24
こちらこそ、ありがと〜ございました。
大阪は晴れてたよ。
おかげで、洗濯物はよく乾いたし、ハイキング靴も洗って外に干しました。
中華屋、なかなかのもんやったね。
少し味付けは濃いめやったけど。
温泉は代わりを見つけないとダメやね。。

いろんな記録を見ていると、滝全部登れるんやね。

今度行くときは登りたいかも。
泳いで取り付ける天気の時に行きたいです。

やっぱ、沢はええなあ・・・
魚ヤさんも、連続で休めたらええのにな。
また、よろしくお願いします。
あめやん
2009/08/02 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
お持ちかえり・・・ 雨もまた楽し/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる